伝説のヒーロー、完全リブート! 英国発『ジャッジ・ドレッド』特報&ポスター解禁

最新ニュース

『ジャッジ・ドレッド』公開決定
  • 『ジャッジ・ドレッド』公開決定
  • 『ジャッジ・ドレッド』公開決定
巨匠デヴィッド・クローネンバーグ監督作『ヒストリー・オブ・バイオレンス』の原作者として知られるジョン・ワグナーが生み出した、イギリスで不動の人気を誇るコミック「ジャッジ・ドレッド」。1995年にシルベスター・スタローン主演で映画化された本作を完全リブートした『ジャッジ・ドレッド』が、2013年2月16日(土)より全国にて公開されることが決定し、本作の特報映像とポスタービジュアルが解禁された。

時は未来。荒廃したアメリカは、東海岸沿いに広がるメガシティ・ワンと呼ばれる都市を残すのみとなっていた。政府も国家も消え去った都市で、唯一秩序を守り続けようとするエリート集団「ジャッジ」と、その頂点に立つ男・ドレッドが正義のために奮闘する姿が描かれる。

『バンテージ・ポイント』のピート・トラヴィスがメガホンを握り、『ザ・ビーチ』の原作者であり、これまで『28日後…』や『わたしを離さないで』の脚本を手がけてきたアレックス・ガーランドが脚本担当と濃密な人間ドラマを得意とする2人が担当する本作。主演のドレッドを『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのエオメル役や『ボーン・スプレマシー』でボーンに迫る刺客・キリル役を演じ、鮮烈な印象を残したイケメン俳優カール・アーバン。そして、今回ドレッドたちが対峙することになる敵役・マーマを『300[スリーハンドレッド]』、TVドラマ「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ」で主人公サラ・コナーを演じたレナ・ヘディが、さらに『JUNO/ジュノ』『抱きたいカンケイ』での好演が光る新進女優オリヴィア・サールビーが、ドレッドの相棒・アンダーソンとして出演している。

今回公開となった特報では、悪名高きギャング・マーマ一味が支配する200階建てのビル内での激しい銃撃戦の様子が映し出される。ドレッドは片手で男を窓から放り投げるなど、見た目通りかなり強そうだが、今回は完全シャットダウンされたギャングたちのビルが戦場とあって苦戦を強いられそうだ。ポスターには荒廃した都市をバックに、銃を片手にいまにも戦闘態勢に入りそうなジャレッドの姿が。そしてその周りに敷き詰められた文字の赤字だけを取り出して読むと、「いま、この場で裁きを受けよ——。」という文章が浮かび上がる。果たして、ドレッドはこの絶体絶命の状態をどう切り抜けるのか!? 伝説のヒーローの活躍に、再び世界中から熱い視線が集まりそうだ。

『ジャッジ・ドレッド』は2013年2月16日(土)より渋谷TOEI、新宿ミラノ2ほか全国にて公開。

※こちらの特報映像はMOVIE GALLERYにてご覧いただけます。

MOVIE GALLERY
http://www.cinemacafe.net/moviegallery
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top