リメイク版『ロボコップ』が公開延期 穴埋めにはマット・デイモンのSF最新作!

最新ニュース

ジョエル・キナマン
  • ジョエル・キナマン
リメイク版『ロボコップ』(原題)の公開が2014年に延期されたようだ。製作を担当するソニー・ピクチャーズは今回、2013年8月9日(現地時間)の公開を本来予定していた同リメイク作の公開を半年後の2014年2月7日(現地時間)まで先延ばしにしたという。2014年2月7日には人気レースゲームの映画化作品『Need For Speed』(原題)の公開も予定されているため、『RoboCop』との一騎打ちになる。

今回の公開日延期を受けて、マット・デイモンの新作SF作品『Elysium』(原題)が本来予定されていた2013年3月1日から5か月遅れで2013年8月9日に公開されることになり、『RoboCop』の穴を埋めることになるようだ。マットがジョディ・フォスターと共演する『Elysium』は、2159年、宇宙ステーション「エリシウム」に住むマット扮する主人公が、貧困層が住み人口過多となり荒廃した地球と「エリシウム」の平等を目指して戦いに挑むという作品だ。マット自身も、同作について「アクション満載で、とても楽しめるエンタメ作品だ」と期待感を示している。

一方『RoboCop』は、タイトルロールを演じるジョエル・キナマンを始め、アビー・コーニッシュ、ゲイリー・オールドマン、サミュエル・L・ジャクソンら豪華キャスト陣を抱えている。同リメイク作の公開日が延期された理由は明らかにされていないものの、延期した半年間の間で3D映画化するとのうわさも囁かれているようだ。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top