驚異の2,100万回再生! 新“スーパーマン”『マン・オブ・スティール』予告編が解禁

最新ニュース

『マン・オブ・スティール』 -(C) 2012 Warner Bros. All Rights Reserved.
  • 『マン・オブ・スティール』 -(C) 2012 Warner Bros. All Rights Reserved.
“スパイダーマン”“アベンジャーズ”“バットマン”…すべてのヒーローの原点にして頂点に君臨する“スーパーマン”を『ダークナイト』シリーズのクリストファー・ノーランが製作、『300[スリーハンドレッド]』のザック・スナイダーが監督を務め、新たなスーパーマン誕生の物語を描く『マン・オブ・スティール』。8月の特報映像解禁から長い沈黙を続けてきた本作の日本版予告編が、遂に解禁となった。

1938年、アメコミ出版社・DCコミックが出版したコミックスに登場して以来、圧倒的な人気を集め、幾度にもわたりアニメ、ドラマ、映画化されてきたスーパーマン。先日、スーパーマンの姿が映像として映し出される予告編が全世界で公開となるとワーナー・ブラザースの公式YouTubeアカウントでは現在までに2,100万人が視聴するなど全く新しいスーパーマンの全貌に全世界から注目が集まった。

今回、解禁となった日本版予告編は、映像前半と後半では内容が全く異なる構成。前半では幼きクラーク・ケント(=スーパーマン)の心の葛藤が色濃く描かれており、“特別な力”を使った幼少期の記憶がまるでトラウマかのように描かれている。まるで「スーパーマン=正義」という大前提を、冒頭から壊しにかかるような重厚な展開で始まる驚きの内容となっている。しかし、時が経ち自分の使命に気づいたクラークが初めてスーパーマンのコスチュームを身に着けると、そこからは圧巻の映像の連続! 超高速で空を飛ぶ姿はもちろん、“これぞヒーロー映画”という大迫力の映像が繰り広げられ、本作でのスーパーマンの活躍に期待をせずにはいられない。

“映像の魔術師”と呼ばれるザック・スナイダーとクリストファー・ノーランが描くうえで、ヒーローとして大活躍するというシーンは一切封印。歴史を覆すような新しいスーパーマンを作った張本人ザック・スナイダー監督は「我々はこれまでのスーパーマン作品とは異なったアプローチをしつつ、同時にその神話、そして伝説を尊重することに努めたよ。僕とクリス(クリストファー・ノーラン)はスーパーマンという本質の中にストーリーとヒーローならではの人間性を求めたんだ」と、“ヒーロー”の内にリアリティを求めたことを告白。いままでのヒーロー映画とは全く違うアプローチで製作された本作の予告編。単純な勧善懲悪のヒーロー映画から脱却した重厚なドラマに期待しつつ、まずは今回公開された予告編でその世界観を存分に堪能してみて。

『マン・オブ・スティール』は2013年夏、全国にて公開。

※こちらの特別映像はcinemacafe.net記事ページより、ご覧いただけます。

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top