初舞台の玉木宏に宝塚・元男役トップの紫吹淳が熱烈ラブコール!

最新ニュース

舞台「ホテル マジェスティック 〜戦場カメラマン澤田教一その人生と愛〜」会見
  • 舞台「ホテル マジェスティック 〜戦場カメラマン澤田教一その人生と愛〜」会見
  • 舞台「ホテル マジェスティック 〜戦場カメラマン澤田教一その人生と愛〜」(玉木宏)
  • 舞台「ホテル マジェスティック 〜戦場カメラマン澤田教一その人生と愛〜」(玉木宏)
  • 舞台「ホテル マジェスティック 〜戦場カメラマン澤田教一その人生と愛〜」(別所哲也)
  • 舞台「ホテル マジェスティック 〜戦場カメラマン澤田教一その人生と愛〜」(酒井美紀)
  • 舞台「ホテル マジェスティック 〜戦場カメラマン澤田教一その人生と愛〜」(紫吹淳)
玉木宏の初舞台となる「ホテル マジェスティック 〜戦場カメラマン澤田教一その人生と愛〜」の製作発表会見が12月21日(金)に都内で行われ、玉木さんを始め、共演の酒井美紀、徳山秀典、秋山真太郎(劇団EXILE)、紫吹淳、別所哲也らが出席した。

1965年、単身ベトナムへと飛び込んだカメラマン・澤田教一。戦場を駆け抜け、凶弾に倒れた彼の人生を、妻のサタやサイゴンで世界中のジャーナリストが集う“ホテル マジェスティック”で出会った人々との交流などを通じて描き出す。

初舞台にして初主演を務める玉木さんは「20代の半ばくらいから(舞台を)やりたいと思ってました」と明かす。この日が顔合わせで稽古も年明けからということで「稽古をやってみないとまだ分からないですね。どういう順番でスタートしていいのかも分からない状態なので。つまずくこともあるかと思いますが、みなさんのお力を借りたい」と心境を語った。

教一の11歳年上の妻・サタを演じる酒井さん。女性として惹かれる部分も多かったようで、「サタさんの強さに心が震えました。夫が戦場に行くことに当然、反対しながらも潔い覚悟も持っている。そこで戦争をしている国に彼女も住んでしまうというのはすごいですね。強さとかわいらしい部分もあり、また純粋な家族への思いを表現できれば」と意気込みを語る。サタさんは現在、87歳で青森県弘前市で暮らしており、この日は出演陣に向けてサタさんから届いたメッセージも読み上げられた。玉木さんも酒井さんも感激しきりで「ぜひ公演に足を運んでいただけたら」と語っていた。

紫吹さんは女性戦場カメラマンを演じたが、先日、シリアで亡くなった女性カメラマンの山本美香さんの存在に触れ、「私は恥ずかしながら山本美香さんの事件があるまで女性で戦場に行かれている方がいるとは知りませんでした。どういう気持ちで写真を撮っていたのか? 思いを伝えたいと思います。カッコいい女性に書いていただいたので、(宝塚時代の)男役が役に立つかなと思っています」と語る。

紫吹さんは、初めて顔を合わせた玉木さんにメロメロの様子。「宝塚を辞めて8年になりますが、私が宝塚でやったカッコいい男役のような人はいないと思ってたんですが、唯一ステキと思ったのが玉木さんだったんです! 私は(男役を演じるとき)洋画を参考にしてたんですが、日本にもこんな人がいるんだって思いました」とラブコール。

“妻”酒井さんを差し置いてのあまりに熱烈な告白に、すかさず別所さんが「落ち着きなさい(笑)」と待ったをかけ、「オレも20年前はこんな風にシュッとしてた」と割って入り、紫吹さんは慌てて「みなさん、素敵ですよ。イケメン揃いで幸せです」とフォローし会場は笑いに包まれた。

別所さんはこれまで、ミュージカルでは「ミス・サイゴン」などベトナム戦争をテーマにした作品に出演してきたが、今回はストレートプレイということで「いまの時代のようにSNSで誰もが発信できるわけではない時代に、伝える側にいた人はどういう気持ちだったのか? セリフに込められた言霊を表現したい」と思いを口にした。

「ホテル マジェスティック 〜戦場カメラマン澤田教一その人生と愛〜」は12月22日(土)よりチケット発売。2013年3月7日(木)より17日(日)まで東京・新国立劇場にて、3月20日(水)より24日(日)まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて、3月26日(火)、27日(水)に名古屋・名鉄ホールにて上演。

公式サイト:http://www.h-majestic.jp/
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top