スーパーマンが逮捕!?『マン・オブ・スティール』衝撃のポスター・ビジュアルが解禁に

最新ニュース

『マン・オブ・スティール』 -(C) 2012 Warner Bros. All Rights Reserved.
  • 『マン・オブ・スティール』 -(C) 2012 Warner Bros. All Rights Reserved.
  • 『マン・オブ・スティール』 -(C) 2012 Warner Bros. All Rights Reserved.
すべてのヒーローの原点にして頂点に君臨する“スーパーマン”を、『ダークナイト』シリーズのクリストファー・ノーランが製作、『ウォッチメン』、『300[スリーハンドレッド]』のザック・スナイダーが監督を務めた、新たなスーパーマン誕生の物語『マン・オブ・スティール』。このたび、あろうことかスーパーマンが手錠をかけられ逮捕されるというヒーロー史上前代未聞な衝撃のポスター・ビジュアルが公開になった。

先日、海外で予告編が解禁されるとワーナー・ブラザースの公式youtubeアカウントでは2,475万回(12月26日時点)視聴されるなど、全世界の注目を一手に集めている本作。日本でも公開となったこの予告編には、スーパーマン逮捕を予兆するかのように育ての父ジョナサン・ケントの言葉をクラーク・ケントが反芻している。「父はこう信じていた。世界はまだ、本当の僕を受け入れられないと。そうだろうか?」と。

今回公開となったポスターには、まさに父の不安が最悪の形となってしまった、手には手錠、そして周りには戦闘服を着た軍人のような人物が脇を固め、ヘンリー・カヴィル演じるスーパーマンが連行されるという異常事態が描かれている。その表情は影が落ち全く読み取れないが、圧倒的なパワーを持つスーパーマンであればその力で逃げ出すことも可能なはず…。にも関わらず素直に連行されるという事態に、否応なしに父・ジョナサンの言葉が思い出される。

「ほかの俳優がスーパーマンのスーツを着ると、全くそぐわないものになる。たとえそれが名優であってもね。だがヘンリー(・カヴィル)がスーツを着ると、一種の衝撃的な確信を得たんだ」とスナイダー監督が語る通り、本ポスターでもヘンリーは、陰影のついた肉体から筋肉の隆起と力強さがみなぎる「これぞスーパーマン!」という身体を披露している。

コスチュームの来日、予告編登場、そして今回のポスター解禁と次々に情報は明らかとなるが、ポスターが公開されたことでますますストーリーの謎は深まるばかり。果たしてスーパーマンは何かの陰謀で捕まったのか? それとも、その力を受け入れられず人類の敵と見なされたのか? 情報が公開されるたび衝撃の事実が一つ、また一つと登場する本作。次なる情報を心して待ちたい。

『マン・オブ・スティール』は2013年夏、全国にて公開。

© 2012 Warner Bros. All Rights Reserved.
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top