テイラー・スウィフト、今年「最もチャリティに貢献した有名人」に

最新ニュース

テイラー・スウィフト
  • テイラー・スウィフト
歌手のテイラー・スウィフトが、今年「最もチャリティに貢献した有名人」を受賞した。米NPO団体「DoSomething.org」が主催した同アワードでテイラーは、カントリー・ミュージック殿堂博物館への400万ドル(約3億4,000万円)の寄付などを評価され今回のトップに表彰されている。

さらにテイラーは今年、ロバート・F・ケネディ・センターから「リップル・オブ・アワード」も受賞や、子供向け専門チャンネル、ニコロデオンが主催するキッズ・チョイス・アワードでもミシェル・オバマ米大統領夫人から「ザ・ビッグ・ヘルプ・アワード」を受け取っている。

第2位には殺処分になる犬を助ける非営利団体「セイビング・スポット!・レスキュー」の活動をサポートしているマイリー・サイラスがランクインした。

第3位にはチャニング・テイタム、第4位にはレディー・ガガが入り、自身の「ボーン・ディス・ウェイ・ファウンデーション」への貢献や今年アメリカ東部を襲ったハリケーン・サンディの被害者に100万ドル(約8,500万円)の寄付を贈ったことが表彰された。第5位を獲得したジャスティン・ビーバーは、自身のチャリティ団体「ビリーヴ・チャリティ・ドライヴ」への100万ドル(約8,500万円)の寄付や、発展途上国に学校を建設する活動をしているチャリティ団体「ペンシル・オブ・プロミス」に、自身のコンサートのチケットが1枚売れるごとに1ドル(約85円)を寄付する募金を続けている。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top