故ヒース・レジャーの娘は父親に「激似」!?

最新ニュース

ヒース・レジャー
  • ヒース・レジャー
故ヒース・レジャーの娘は、父親にそっくりのようだ。2008年1月に薬物の過剰摂取のため28歳という若さで亡くなったヒースには、当時の恋人ミシェル・ウィリアムズとの間に現在7歳のマチルダちゃんがおり、ヒースの両親であるサリーさんとキムさんによると、マチルダちゃんはヒースに瓜二つだという。

今回サリーさんは豪「New Idea」誌に「マチルダは本当に父親似なのよ。ヒースのように長い手足で体型も似ているの。しかもマチルダは彼女の母親のような美しさも兼ね備えているわ。恵まれた女の子なのよ」と語り、キムさんも「マチルダはヒースと同じ歩き方をするんだよ。それに幼いのにとても礼儀正しい子なんだ。私のことを『パパ』って呼んだり、女房のことを『サルお婆ちゃん』って呼んだりするんだよ」と続けた。

さらに現在母国・オーストラリアに住んでいるキムさんとサリーさんの2人は、アメリカで母・ミシェルと暮らしているマチルダちゃんとできるだけ一緒にいる時間を作ろうとしているという。キムさんは「私たちはマチルダともミシェルともとっても素晴らしい関係を築いているよ。よく2人と電話で話しているし、できるだけ2人のもとを訪れるようにしているんだ」とコメントした。

2005年公開の『ブロークバック・マウンテン』での共演がきっかけで知り合ったヒースとミシェルだが、ヒースの死の4か月前の2007年9月に破局している。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top