推定264億ドル稼ぎ出す!? ティム・バートンら、カル・アーツの豪華すぎる卒業生たち

最新ニュース

推定264億ドル稼ぎ出す!? ティム・バートンら、カル・アーツの豪華すぎる卒業生たち
  • 推定264億ドル稼ぎ出す!? ティム・バートンら、カル・アーツの豪華すぎる卒業生たち
フォトグラファー・蜷川実花がPVを手がけた「AKB48」の全世界挿入歌で注目を集め、さらには先日発表された第85回アカデミー賞でノミネートを果たした『シュガー・ラッシュ』。この話題作を手がけたリッチ・ムーア監督は、カリフォルニア芸術大学(通称:カル・アーツ)で映画を学んだが、この彼の出身校がこれまでに驚くべき名監督たちを輩出していることをご存じだろうか?

カル・アーツと言えば、映画の本場・ハリウッドでも言わずと知れた名門校。もちろん日本にもその名は聞こえるが、実際に誰が卒業したのかと聞かれても「?」となる人が多いはず。ここでは、そんな有名校の卒業生とプチトリビアをご紹介。

ムーア監督の同級生には、同じくディズニー映画の『ファインディング・ニモ』『ウォーリー』を手がけ、その両作共でアカデミー賞長編アニメーション賞を受賞したアンドリュー・スタントン監督がいる。

何という奇遇…と思いきや、そのほかにもカル・アーツの卒業生たちは、多くのディズニー作品を手がけている。何故か? それは、本校の創立にウォルト・ディズニーが経済的・人員的に多大なるサポートがあり、その縁で自然とディズニー作品を扱うことが多くなるのだとか。現在でもカル・アーツにはウォルトの功績を称えて、彼の名を冠した施設や制度がいくつもあるという。

そんなウォルトの遊び心・探究心を受け継いだ卒業生たちが、現在までに稼ぎ出した総興行収入はなんと推定264億ドル(※1985年以降で)! カル・アーツの卒業生にはスタントン監督以外にも名監督たちが目白押しだ。

本作の製作総指揮を務め、現在ウォルト・ディズニーでアニメーション・スタジオのチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めるジョン・ラセター監督(『トイ・ストーリー』シリーズ)。その同級生には、『アリス・イン・ワンダーランド』や昨年の話題作『ダーク・シャドウ』『フランケンウィニー』を手がけたティム・バートン監督に、さらにブラッド・バード監督(『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』)という3人の名監督が机を並べて学んでいたというのだから驚きだ。

さらにアンドリュー・アダムソン監督(『シュレック』シリーズ)、『長ぐつをはいたネコ』のクリス・ミラー監督、意外なところだと現在製作中の『ウルヴァリン:SAMURAI』の監督を務めるジェームズ・マンゴールドもカル・アーツ出身だ。

錚々たる面子がその名を連ねているが、遊び心もしっかりと息づいている。『カーズ』のおとぼけレッカー車・メーターのナンバープレートなど、ピクサー作品の所々に登場する「A113」という数字はカル・アーツの教室番号を意味していて、彼ら卒業生たちだけの内輪ネタのジョークなのだとか。

そんな世界を賑わせるクリエイターたちの登竜門であるカル・アーツ。クリエーターとしての能力はもちろんだが、「TOEFL」550点以上の英語力と年間2万ドル(約180万円)の学費があれば入学できるとのこと。

自信がある方は、ハリウッドを牽引するこの名門校の門を叩いてみては? あなたもアカデミー賞監督と同級生になれるかもしれない。

『シュガー・ラッシュ』は3月23日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top