ハリウッド・リブート版『ゴジラ』、「日本オリジナル版のルーツに基づいた作品」に

最新ニュース

エリザベス・オルセン
  • エリザベス・オルセン
ハリウッド版『ゴジラ』の3D版リブート作品への出演を認めたエリザベス・オルセンが、同作は1998年にハリウッド・リメイクされた作品とは違って、「日本のオリジナル版のルーツに基づいたダークな作品」になると約束している。

10日(現地時間)、ロンドンのコベント・ガーデンにあるロイヤル・オペラ・ハウスで開催された英国アカデミー賞(BAFTA)に出席したエリザベスは、出演が噂されていたリブート版『ゴジラ』への出演を認めた上で、新作はマシュー・ブロデリック主演で1998年に公開されたローランド・エメリッヒ監督版『GODZILLA』とは全く違う作風になると語っている。リブート版が『GODZILLA』とどう違うのかと尋ねられたエリザベスはBANGショービズに対して「絶対に違う作品になるわ。軽いタッチの作風ではないのは確かね。日本版のルーツに戻るわ。なんで当時の日本人が『ゴジラ』を作ったのか、っていうような核心に迫ることになるわね」と答えている。

そんなエリザベスはBAFTAのライジング・スター・アワードにノミネートされていたものの、惜しくもジュノー・テンプルにその座を奪われているが、「イギリス映画界の伝統とも言えるBAFTAの一部分になれるなんて本当にクールだわ。ここにいられるだけでとっても豪華な気分よ」とBAFTA出席への喜びを語った。

1954年に初公開された第1作目の『ゴジラ』は本多猪四郎が監督を務め、海底に潜んでいた太古の怪獣ゴジラが水爆核実験によって目覚め、東京を襲撃する様を描いている。

そんなリブート版では、ヘンリー・カヴィルやケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、スクート・マクネイリーらが主役の座を巡って混戦状態で、2014年5月16日に全米公開が予定されている。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top