エマ・ワトソンに、ミュージカル作品で主演候補のラブコール!

最新ニュース

エマ・ワトソン
  • エマ・ワトソン
エマ・ワトソンが、ミュージカル作品の主演候補としてラブコールを受けている。エマの歌唱力には以前から定評があり、ナタリー・インブルーリアのヒット曲「トーン」のカバー・バージョンもレコーディングした経験があるという。

エマが主演を務めた『The Perks of Being a Wallflower』(原題)の原作者であり、監督も務めたスティーヴン・チョボウスキーはゴシップサイト「BANGショービズ」の独占インタビューで「エマは本当に歌えるんだよ。しかもかなり上手なんだ。エマがカバーした『トーン』を聞いたことあるかい? 僕なんかCDをゲットしちゃったくらいだよ。とっても素晴らしいよ。いつかエマが出演するミュージカル作品の監督をしたいなって思っているんだ」と話していた。

さらに、しばしば女優としての才能が疑問視されることもあるエマだが、チョボウスキー監督はエマには天性の才能があると考えており、しかも主演作を重ねる毎に女優として成長していると思っていると続けている。「エマ・ワトソンが僕を圧倒するのは、出演作を重ねる毎にどんどん良くなっていってるってことなんだ。『ハリー・ポッター』シリーズも全部観たけど、彼女から目を離せないし、成長を続ける女の子だなって感心しちゃうんだよね」、「きちんとした躾を受けていて情熱にあふれ、そしてハングリー精神旺盛な女優だけが、そんな風に成長できると思うんだ。だから僕はエマを『The Perks of Being a Wallflower』に起用する前から、エマの才能を認めていたんだよ」。

またチョボウスキー監督は、エマが同作の女子高生・サム役にピッタリだと直観的に見抜いたとも。「僕にはエマが素晴らしく演じてくれるって分かってたんだ。時には直観的に人を見抜くこともあるだろ? 『ハリー・ポッター』シリーズで、エマがダニエル・ラドクリフと出てる学校のダンス・パーティーのシーンがあったんだけど、それを見てすっかり彼女に魅了されたんだ。そのシーンで泣いているエマを見て、サム役に必要な傷つきやすい繊細さを兼ね備えているって感じたんだ」。

そんな『The Perks of Being a Wallflower』は残念ながら、日本では未公開。海外ではDVDとブルーレイでリリースもされている。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top