【沖縄国際映画祭】遂に開幕! 前田敦子、山田優ら&ヨシモト芸人が沖縄に集結

最新ニュース

第5回「沖縄国際映画祭」レッド・カーペット
  • 第5回「沖縄国際映画祭」レッド・カーペット
  • 第5回「沖縄国際映画祭」レッド・カーペット
  • 第5回「沖縄国際映画祭」レッド・カーペット
  • 第5回「沖縄国際映画祭」レッド・カーペット
  • 第5回「沖縄国際映画祭」レッド・カーペット
  • 第5回「沖縄国際映画祭」レッド・カーペット
  • 第5回「沖縄国際映画祭」レッド・カーペット
  • 第5回「沖縄国際映画祭」レッド・カーペット
今年で第5回を迎える「沖縄国際映画祭」が3月23日(土)、沖縄・宜野湾市でついに開幕! ヨシモト芸人たちを始め、前田敦子や山田優、平愛梨など話題の俳優陣が開幕を告げるビーチ沿いで行われたレッドカーペット・イベントに参加し、詰めかけたおよそ53,000人の観客を沸かせた。

3月末ながら、沖縄の気候らしく晴天となったこの日。すでに夏日のような日差しが会場をに降り注いだ。まずは、沖縄舞踊のエイサーで今年もレッド・カーペットはスタート。招待作品として上映される『クロユリ団地』からは主演女優の前田敦子、成宮寛貴ら俳優陣と中田秀夫監督らが駆けつけ、集まった観客を沸かせた。前田さんは「“女優”としてレッドカーペットを歩くのが夢でした」と満面の笑顔を見せた。

さらに、昨日公開を迎えたばかりの『ジャックと天空の巨人』で日本版の吹き替え声優を務めたウェンツ瑛士(ジャック役)、平愛梨(イザベル役)、さらに「ガレッジセール」のゴリ、南海キャンディーズの山里亮太、スリムクラブの真栄田賢、博多華丸の4人の巨人役に抜擢された芸人たちは劇中から飛び出したように鎧などの衣装に身を包みレッドカーペットを大暴れしていた。

また、今年1月に夫の小栗旬とのハワイ挙式で注目を集めた山田優は、塚地武雅が監督を務めた映画『げんげ』の主演女優として登場し、その抜群のプロポーションに観客は「キレイ~!」と歓声をあげていた。

そのほか、板尾創路と共演を果たした「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の白濱亜嵐、大阪・難波から「NMB48」の與儀ケイラと島田玲奈、韓国からは男性アイドルグループ「CODE-V」のメンバー。海外ドラマ「HEROES」で知られる俳優のマシ・オカ、審査員を務めるデーモン閣下、桃井かおり。さらに、板尾創路やなだぎ武(『死神失格』)、「ハリガネロック」のユウキロック(『わらいのかみさま』)、「ロバート」の山本博、秋山竜次、馬場裕之(『レトロの愛情』)に椿鬼奴(『ビッチ』)ら俳優や監督として自身作品を引っ提げて沖縄入りしたお笑い芸人たち、豪華な面々が参加し、およそ550人が笑顔でレッド・カーペットを歩いた。

第5回沖縄国際映画祭は、3月30日(土)まで開催。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top