草なぎ剛、現役中学生の裸の演技を「僕ならできなかった」と絶賛!

最新ニュース

『中学生円山』完成披露試写会(宮藤官九郎、坂井真紀、平岡拓真)
  • 『中学生円山』完成披露試写会(宮藤官九郎、坂井真紀、平岡拓真)
  • 『中学生円山』完成披露試写会(宮藤官九郎)
  • 『中学生円山』完成披露試写会(坂井真紀)
  • 『中学生円山』完成披露試写会(仲村トオル)
  • 『中学生円山』完成披露試写会(遠藤賢司)
  • 『中学生円山』完成披露試写会(宮藤官九郎)
映画『中学生円山』の完成披露試写会が3月24日(月)に都内で開催され、宮藤官九郎監督を始め主演の草なぎ剛(SMAP)、平岡拓真、遠藤賢司、仲村トオル、坂井真紀が出席した。

ある団地を舞台にした妄想と青春が交錯するヒーローアクション。家族4人で団地に暮らす中学生の円山はある目的のために“自主トレ”を繰り返していたが、ある日、団地に引っ越してきた謎のシングルファーザーの男に誰にも話していないはずの恥ずかしい自主トレについて見抜かれ…。

草なぎさんは初めての宮藤作品となるが、これまでにも宮藤監督が「SMAP」の楽曲に詞を提供したり、草なぎさんが宮藤監督の舞台を見に行ったりと縁があったそうで「以前から一緒にお仕事をしたいと思ってました。心の中に引っかかりがあり、気になっていた」と明かす。改めて現場を体験してみて「琴線の触れる部分や熱くなるところとか方向性が僕と似ていると思います。新しい一面をひっぱり出してもらえました」と充実した表情を見せた。

中学時代の妄想や恋の話題になると草なぎさんは「僕は中2の頃にはSMAPだったので、TVに出るのが恥ずかしかった」と述懐。さぞや学校では女子からモテていただろうと思いきや「好きな子はいましたが、かっこいい男の子と付き合っていて悔しい思いをしました。(自分よりも)カッコよくてスポーツも万能な男の子たちがいました」とほろ苦い思い出を明かしてくれた。

仲村さんは小学生の頃、初恋の相手を親友によってクラス全員にばらされた経験があるそうで「中学校の林間学校でもそれがトラウマで『おれは本当に(好きな女の子が)いねえよ』と言い張ってました(苦笑)」とこれまた哀しいエピソードを明かす。

だが、中学時代の思い出話でやはりというべきか際立っていたのが宮藤監督。好きだったアイドルの斉藤由貴の等身大パネルを近所の電気屋からくすねてきて「部屋に飾って朝、起きたら本物になってないかなと思ってた」。さらに「当時は好きな女の子が4人いて、自分の中で毎日ベスト4の順位を入れ替えていた」など劇中の円山に劣らない、聞くだに恥ずかしいエピソードを次々と語り、会場は笑いに包まれた。

そんな大人たちの告白に、現役中学生の平岡くんは思わず「大人も大変ですね」。劇中では宮藤監督の命令でこれでもかと恥ずかしい妄想を爆発させており、さらに裸での演技も見せているが「公園でパンツ一丁で大勢の女性たちの前で踊るのは恥ずかしかったけど、そこから脱ぐことに抵抗がなくなりました」と成長(?)を明かす。だが「演じているときは気にしなかったけど、完成した映画を観たら『自分、何やってるんだろう?』って思った」と本音を漏らし笑いを誘っていた。

そんな平岡くんについて草なぎさんは「この年で女の子の前で前貼り一枚。僕が彼の年だったら絶対にできなかったと思う」とその勇気と俳優魂に称賛を送っていた。

『中学生円山』は5月18日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top