ケン・ローチ新作『天使の分け前』は、まるでスコットランド版『フル・モンティ』!?

最新ニュース

『天使の分け前』 -(C) Sixteen Films, Why Not Productions, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,Urania Pictures, France 2 Cinema, British Film Institute MMXII
  • 『天使の分け前』 -(C) Sixteen Films, Why Not Productions, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,Urania Pictures, France 2 Cinema, British Film Institute MMXII
  • 『天使の分け前』 -(C) Sixteen Films Ltd, Why Not Productions S.A., Wild Bunch S.A., Urania Pictures, Les Films du Fleuve, France 2 Cinema, British Film Institute MMXII
4月13日(土)から日本公開となる名匠ケン・ローチ監督の最新作『天使の分け前』が、英国のGQ誌から「スコットランド版フル・モンティ!」と名づけられ、かつて日本でも大人気を博した、あのハートフルコメディを彷彿とさせる面白さだと話題になっていることが分かった。

2012年カンヌ国際映画祭「審査員賞」を受賞、スコッチウイスキーの故郷・スコットランドを舞台に、人生を立て直そうとする若者たちを描いた本作は、『麦の穂をゆらす風』『ルート・アイリッシュ』など30本を超すローチ監督史上最大のヒットを記録。劇場には、不況にあえぐ貧しい町を舞台に、労働者階級の苦悩と再生をユーモアたっぷりに描いた『ブラス』('96)や『リトル・ダンサー』('00)、『リトル・ヴォイス』('98)といった一連の作品を愛したファンから、「スコットランド版フル・モンティが見たい」という問い合わせが連日続いているというのだ。

GQ誌に引き合いに出された『フル・モンティ』('97)は、鉄工所を閉鎖され、失業中となった男たちが、男性ストリップで活路を見出そうとするストーリーで、当時のイギリス興行成績を塗り替えるほど大成功した。当時の日本でも大ヒットしたが、なんと2013年には、俳優・山田孝之の舞台初挑戦となるミュージカルでよみがえることが決定している。

『フル・モンティ』と本作との共通点といえば、かたや失業中の親父たち、かたや定職にありつけない若者たちが、ともに人生の大逆転をかけて大勝負に出ることだろう。しかし、『フル・モンティ』が男たちのストリップで “すっぽんぽん”(タイトルの意味)なら、本作では、若者4人組がスコットランド伝統の“キルトスカート”に身を包む。そう、キルトスカートは、その下に下着を一切つけないのが流儀。つまり、スカートの下がフル・モンティなのだ!

劇中には、キルトスカートを使った爆笑シーンも登場。日本の着物も昔は下着をつけなかったのだから、日本人ならキルトスカートにすぐ馴染めるかも? 大いに笑って、最後にはしっかり感動させてくれる名作が、また一つ日本にやってくる。

『天使の分け前』は4月13日(土)より銀座テアトルシネマほか全国にて公開。

(C) Sixteen Films, Why Not Productions, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,
Urania Pictures, France 2 Cinema, British Film Institute MMXII
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top