三浦翔平、『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のイケメンバンドで紅白出場宣言!?

最新ニュース

CRUDE PLAY(上段左から大野薫役 水田航生、篠原心也役 窪田正孝、矢崎哲平役 浅香航大、坂口瞬役 三浦翔平、下段は対応する原作画)
  • CRUDE PLAY(上段左から大野薫役 水田航生、篠原心也役 窪田正孝、矢崎哲平役 浅香航大、坂口瞬役 三浦翔平、下段は対応する原作画)
  • CRUDE PLAY(上段左から大野薫役 水田航生、篠原心也役 窪田正孝、矢崎哲平役 浅香航大、坂口瞬役 三浦翔平、下段は対応する原作画)
「僕は妹に恋をする」、「僕の初恋をキミに捧ぐ」などの大人気コミックで知られる青木琴美の最新作「カノジョは嘘を愛しすぎてる」が、2013年12月公開で映画化される。このほど、原作に登場する超人気バンド「CRUDE PLAY」(クリュードプレイ)のメンバー役が決定した。

原作で重要なキャラクターである「CRUDE PLAY」、通称“クリプレ”は、その端正なルックスとキャッチーな楽曲で、CDをリリースすれば必ずチャート1位に輝くモンスターバンド。そのリーダーであり、ボーカル&ギターを務める坂口瞬役に、映画『海猿』シリーズやTVドラマ「サキ」など、現在幅広い作品で活躍する三浦翔平が決定。劇中では、実際にボーカルとギター演奏を披露するほか、プライベートでも親交の深い佐藤健演じる主人公・秋の親友役でもあるため、2人の共演にも注目だ。

そのほか、秋の脱退後に「CRUDE PLAY」メンバーとなり、ヒロイン・理子のプロデュースをめぐって秋とライバルになるクールなベース担当の篠原心也役に、TVドラマ「最高の離婚」で好演を見せ、人気上昇中の俳優・窪田正孝、さらにバンドのムードメーカーでギターの大野薫役にミュージカル「テニスの王子様」の水田航生、男気あふれるドラムの矢崎哲平役に『桐島、部活やめるってよ』の浅香航大と、まさに原作から飛び出してきたようなビジュアルの若手イケメン俳優陣が集結する。

原作者・青木琴美は、“夢を象徴する存在として描いた”というバンドメンバーの実現に不安を感じていたというが、それは杞憂に終わった。「(クリプレメンバーの場面)写真が届いたとき、思わず『ありがとう!』と言ってしまいました」と言うほど。原作者も認める彼らが、完璧にクリプレを再現してくれるはずだ。

さらに、彼らが実際に劇中で演奏する楽曲は、本作の音楽プロデューサー、元「東京事変」のベーシストで、椎名林檎やスピッツ、平井堅等の多くの楽曲を手掛ける亀田誠治が制作、今後は音源リリース等も検討されているなど、リアルに「CRUDE PLAY」としての活動も始まるらしい。

瞬役の三浦さんは、主演の佐藤さんから「『カノ嘘』って漫画に出てくる瞬役が翔平にぴったりなんだよ」と言われていたそうで、不思議な縁を感じるという。「『CRUDE PLAY』として、CDデビュー、紅白出場、海外進出もしてみたい!」と意欲満点で、それぞれのメンバーがボイストレーニングや楽器の練習を入念に行い、撮影に臨んでいる。

音楽映画としても、かつてないクオリティのプロジェクトで進行中の本作。今後の情報も見逃さないで。

『カノジョは嘘を愛しすぎてる』は2013年12月、全国東宝系にて全国。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top