妻夫木聡&池松壮亮が兄弟役で初共演! 石井裕也監督、「欠陥だらけの家族」描く

最新ニュース

石井裕也監督『ぼくたちの家族』に兄弟役で出演する妻夫木聡&池松壮亮
  • 石井裕也監督『ぼくたちの家族』に兄弟役で出演する妻夫木聡&池松壮亮
  • 石井裕也監督『ぼくたちの家族』に兄弟役で出演する妻夫木聡&池松壮亮
『川の底からこんにちは』で才能を開花させ、松田龍平&宮崎あおい共演で話題の『舟を編む』の公開も控える石井裕也監督が、最新作となる『ぼくたちの家族』を現在、撮影中であることが明らかになった。さらに、本作で妻夫木聡と池松壮亮が初共演にして兄弟役で出演していることも判明。このほど、その2人からコメントが発表された。

原作は、2008年に映画化もされた「ひゃくはち」の早見和真による同名小説。60歳を過ぎ、物忘れが激しくなった母・玲子(原田美枝子)。だが、そんなことは誰でもあるものと、兄・浩介(妻夫木聡)も弟・俊平(池松壮亮)も父・克明(長塚京三)も全く気にしていなかった。しかし、あることをきっかけに病院で検査を受け、結果は「脳腫瘍」と判明、余命わずか1週間。「家族がバラバラになるのは、あたし怖いよ」、その一言を最後に母はそれまでの母ではなくなってしまう…。

多額のローンに、生活破綻、親への不信、子への依存。脳腫瘍を患った母が、包み隠さず本音をさらけ出し始めたことで、浮かび上がってきたさまざまな家族の問題…。そんなどこにでもある“当たり前の家族”の姿を通して、現代に生きる家族の形を描き出す本作。

妻夫木さんは、今年1月に公開され大ヒットを記録した山田洋次監督の『東京家族』に続き、“現代に生きる家族”をテーマにした作品への出演となる。本作の出演について妻夫木さんは「この作品は「家族」にどう向き合うべきかを、自分自身深く考えさせられた作品です。どんな家族にも、他人には言えない裏の顔があると思います。でも、例えどんなことがあったとしても、その先に何があるか分からなくても、“家族は家族として歩み続けなければならない”そんな大切さに改めて気づかされる様な、そんな映画になっていると思います」と語る。

さらに、「本音を上手く語れない“不器用な長男”の役なのですが、長男として『ぼくたちの家族』を最後まで引っ張っていけたらと思います!」と主演を務める“座長”としての意気込みも明かしてくれた。

そんな“兄”妻夫木さんの背中を見てか、弟の俊平役を演じる池松さんは「兄貴のいない僕にとって、もったいないくらい最高の兄貴ができたと思います」と誇らしげにコメントを寄せている。

すでに3月中旬よりクランクインし、4月中旬にはクランクアップを予定している本作。石井監督は「最高のキャスト、スタッフと共に毎日頑張って撮影しています。“欠陥だらけなのに素晴らしい家族”というものを、どうにかこうにか見せたいと考えています」と気合も十分といった様子だ。

『ぼくたちの家族』は2014年、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top