ベン・アフレック、貧困撲滅チャリティで、1日1.5ドルで5日間生活

最新ニュース

ベン・アフレック -(C) Getty Images
  • ベン・アフレック -(C) Getty Images
  • ベン・アフレック -(C) Getty Images
  • ベン・アフレック&ジェニファー・ガーナー -(C) Getty Images
  • ベン・アフレック -(C) Getty Images
  • ベン・アフレック&ブラッドリー・クーパー -(C) Getty Images
  • 「John Varvatos Stuart House」の資金集めのイベントでのベン・アフレック -(C) Getty Images
  • ベン・アフレック -(C) Getty Images
  • ベン・アフレックと仲良く取材を受けるヒュー・ジャックマン -(C) Getty Images
ベン・アフレックが1日1ドル50セントで過ごす生活を始める計画をしている。これは世界で貧困に苦しむ14億もの人々への支援の気持ちを示すキャンペーン「Live Below The Line(標準以下の生活)」の一環で、1日1ドル50セントの食費で来週月曜から5日間連続で過ごすというもの。ベンは22日(現地時間)にTwitterで「14億人もの人々が1日1ドル50セント以下で生活しているんだ。僕は@easterncongoの一員として#BelowTheLineに参加する。君は?」とつぶやいた。

@easterncongoは、ベンが設立した慈善団体「イースタン・コンゴ・イニシアティブ(Eastern Congo Initiative)」のTwitterアカウント。ベンはこれまでにアフリカのコンゴを8度訪問している。同地で貧困の厳しい現状を目の当たりにして、自ら慈善団体を立ち上げた。

「僕はとても恵まれた人生を送ってきた。そして、自分にとって大切なことをしたいと思ったんだ。映画作りや金儲け以上のことを、僕の子供たちのお手本になるようなことをね」と語るベン。総予算7ドル50セントで5日間過ごすために、高カロリーで低価格な食材、パスタや米などを摂るようアドバイスを受けた。

このキャンペーンには、ベンのほかにジョナ・ヒルや『アベンジャーズ』のトム・ヒドルトン、ジョシュ・グローバン、ソフィア・ブッシュらも参加を表明している。

(C) Getty Images
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top