【カンヌ国際映画祭】福山雅治・主演作『そして父になる』、「審査員賞」に輝く!

最新ニュース

『そして父になる』是枝裕和監督(左)&『アデルの人生』アデル・エクサルコプロス&レア・セドゥ(右) -(C) Getty Images
  • 『そして父になる』是枝裕和監督(左)&『アデルの人生』アデル・エクサルコプロス&レア・セドゥ(右) -(C) Getty Images
  • 審査員団のニコール・キッドマン&クリストフ・ヴァルツ
  • 審査員長を務めたスティーヴン・スピルバーグ
  • 『アデルの人生』アデル・エクサルコプロス(左)&レア・セドゥ(右) -(C) Getty Images
  • 『アデルの人生』アデル・エクサルコプロス&レア・セドゥ
  • 『そして父になる』是枝裕和監督 -(C) Getty Images
  • 『そして父になる』是枝裕和監督-(C) 2013『そして父になる』製作委員会
  • 『アデルの人生』アデル・エクサルコプロス(右)&レア・セドゥ(左)&アブデラティフ・ケシシュ監督(中央) -(C) Getty Images
スティーヴン・スピルバーグ監督率いる第66回カンヌ国際映画祭の審査員団は、5月26日(現地時間)、「パルムドール」(最高賞)にアブデラティフ・ケシシュ監督の『アデルの人生』(原題:La Vie D'Adele)を選び、12日間の幕を閉じた。また、福山雅治が主演を務めた是枝裕和監督の『そして父になる』は「審査員賞」に輝いた。

是枝監督は、授賞式で「僕を子どもとして生んでくれた父と母、そして僕を父にしてくれた妻と娘に感謝します」と感激の面持ちでスピーチ。受賞後の会見では「タキシードを高いクリーニングに出した甲斐がありました(笑)」と笑顔を見せ、「次はもっと上を目指したい」と今後への豊富を語った。主演の福山さんは18日夜(現地時間)に行われた公式上映の場で、喝采を浴び“男泣き”をしていたが、果たしてどんな祝福を贈るのだろうか?

そして、注目の「最高賞」に輝いた『アデルの人生』は15歳の少女・アデルが、美大生・エマと激しい恋をし、女性として成長していく姿を丁寧に描いたドラマ。

主演のアデル・エクサルコプロスと、レア・セドゥは、ケシシュ監督と共に「3人のアーティスト」による連名での受賞という、異例の名誉を受けた。これに対し、審査委員長のスティーヴン・スピルバーグ監督は「2人の女優と、監督との繊細な共同作業で生まれた映画。もし2人の演技が3ミリでも違ったら、こんなに傑作にはならなかった。その意味で、彼女たちも監督と同列に称えたい」として、彼女たちを監督と同格として扱った理由を語った。

同作を始め、受賞作はどれも現地の星取表で上位につけており、今年のカンヌはほぼ下馬評通りの結果となった。

<第66回カンヌ国際映画祭/主な受賞結果>

■「パルムドール」
『アデルの人生』(原題:La Vie D'Adele)
アブデラティフ・ケシシュ監督(フランス)

■グランプリ
『Inside Llewyn Davis』(原題)
ジョエル&イーサン・コーエン監督(アメリカ)

■監督賞
『Heli』(原題)
アマット・エスカランテ(メキシコ)

■審査員賞
『そして父になる』
是枝裕和監督(日本)

■脚本賞
『A Touch of Sin』(英題)
ジャ・ジャンクー(中国)

■最優秀女優賞
『Le Passe』(原題)
ベレニス・ベジョ(フランス)

■最優秀男優賞
『Nebraska』(原題)
ブルース・ダーン(アメリカ)
《photo / text:Ayako Ishizu》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top