【カンヌ国際映画祭】ティルダ・ウィンストン&ジム・ジャームッシュの奇抜さに会場釘付け

最新ニュース

ティルダ・ウィンストン&ジム・ジャームッシュ監督&トム・ヒドルストン/『Only Lovers Left Alive』 in 第66回カンヌ国際映画祭 -(C) Getty Images
  • ティルダ・ウィンストン&ジム・ジャームッシュ監督&トム・ヒドルストン/『Only Lovers Left Alive』 in 第66回カンヌ国際映画祭 -(C) Getty Images
  • トサカ・ヘアのティルダ・ウィンストン/『Only Lovers Left Alive』 in 第66回カンヌ国際映画祭 -(C) Getty Images
  • ティルダ・ウィンストン&トム・ヒドルストン/『Only Lovers Left Alive』 in 第66回カンヌ国際映画祭 -(C) Getty Images
  • ジム・ジャームッシュ監督/『Only Lovers Left Alive』 in 第66回カンヌ国際映画祭 -(C) Getty Images
  • 『Only Lovers Left Alive』会見 in 第66回カンヌ国際映画祭
  • 『Only Lovers Left Alive』会見 in 第66回カンヌ国際映画祭
カンヌ映画祭11日目となる5月25日・夜(現地時間)、「コンペティション部門」の最後の作品となるジム・ジャームッシュ監督の『Only Lovers Left Alive』(原題)が上映され、満員の観客を大いに沸かせた。

映画はトム・ヒドルストンとティルダ・スウィントンが現代に生きるヴァンパイアのカップル、アダムとイブを演じるダークかつユーモアにあふれた、詩的なファンタジー作品だ。

公式会見でジャームッシュ監督は、「7年くらい前からこのストーリーは考えていて、ティルダに相談していたんだ。なかなか資金が集まらずにいたが、ティルダは絶対にこれは映画にすべきと粘ってくれた。そのうちに、ヴァンパイア映画のブームが起きてしまった」と、最近のブーム以前からの案だと強調した。

「ハリウッドはゾンビの中心地よ」などの台詞や、イブの偽名が『華麗なるギャツビー』のヒロインと同じ“デイジー・ブッキャナン”であったり、アダムが自宅録音に凝っているミュージシャンだったりと、ジャームッシュらしさにあふれた作品に仕上がっており、批評家からの評価も高かったが、「パルムドール」は惜しくもアブデラティフ・ケシシュ監督の『アデルの人生』に奪われてしまった。

しかし、ジャームッシュ組はそのビジュアルにおいては、カンヌの注目度は最も高かった様子。ジャームッシュ監督は銀髪、ティルダは金髪&トサカ・ヘアに「ハイダー アッカーマン(HAIDER ACKERMANN)」のゴールドのルーズな上下で登場し、集まった観客の視線を釘付けにしていた。
《photo / text:Ayako Ishizu》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top