スカーレット・ヨハンソン、自分の名前を使用した小説の出版元を提訴

最新ニュース

スカーレット・ヨハンソン -(C) Getty Images
  • スカーレット・ヨハンソン -(C) Getty Images
  • スカーレット・ヨハンソン -(C) Getty Images
  • スカーレット・ヨハンソン -(C) Getty Images
スカーレット・ヨハンソンが、自分の名前を無断で使用されたとして、フランスの出版社を訴えた。

スカーレットが訴えを起こした「JC Lattes」社は今年3月に小説家のグレゴワール・ドゥラクールの「La premiere chose qu'on regarde(最初に見るもの)」を出版した。整備士がスカーレットにそっくりな“ジャニーヌ”という女性に恋をするという設定だが、「The Hollywood Reporter」誌によると、スカーレットは作中に自分の名前が登場することについて、個人の権利を不正に使用されたとして提訴、小説を映画などに脚色することも禁じるように訴えている。

ドゥラクールはフランスの「Le Figaro」紙のインタビューで「スカーレット・ヨハンソンの反応には驚いた。予想もしなかった」と語り、「彼女が小説を読んだとは思えない。英訳されてもいないんだから。彼女に敬意を払わないどころか、むしろオマージュを捧げているつもりだ」と反論した。

ドゥラクールに言わせると、スカーレットは「現代の美の典型」であり、彼女の名前を出せば、読者がキャラクターの外見をイメージしやすいと考えたという。「主人公の男性はライアン・ゴズリングに似ていると書いたし、彼の雇い主はジーン・ハックマンみたいだとも書いた」と言うドゥラクールは「私が書いたキャラクターはスカーレット・ヨハンソンじゃない。ジャニーヌ・フーカンプレだ!」と強調している。

(C) Getty Images
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top