ジム・キャリー、『キック・アス』続編のプロモーション活動に不参加を表明

最新ニュース

ジム・キャリー -(C) Getty Images
  • ジム・キャリー -(C) Getty Images
  • ジム・キャリー -(C) Getty Images
  • ジム・キャリー -(C) Getty Images
ジム・キャリーが最新出演作『Kick-Ass 2』(原題)のプロモーション活動に参加しないことをTwitterで表明した。

前作『キック・アス』は、ヒーローおたくの高校生が“キック・アス”を名乗って自前のコスチューム姿で悪と戦い、父親から戦闘術の英才教育を受けた少女“ヒットガール”も参戦する異色のヒーロー映画。ジムは大ヒットを受けての続編にストライプ(スターズ大佐)役で出演している。

だが、ジムは23日(現地時間)、『Kick-Ass 2』の内容が暴力的過ぎるとして、同作のプロモーション活動を行わないとTwitterで宣言した。ジムはその理由として、昨年12月にコネチカット州ニュータウンのサンディ・フック小学校で起きた銃乱射事件に言及している。児童20名、大人6名が犠牲になる大惨事となった。

「『キック・アス』をやったのはサンディ・フックの事件が起きる1か月前だった。良心に従い、いまはあのレベルの暴力(描写)をサポートすることはできない」とつぶやいたジムは「映画に関わった方々に申し訳ないと言いたい。(作品を)恥じてはいないが、最近起きている複数の事件が僕の心を変えさせた」と説明している。

ジムは米国の銃規制支持者として知られていて、昨年7月、コロラド州オーロラの映画館で12名が殺害された銃乱射事件発生時にも「未だに自動火器の売買を支持しているお前らこそが、この国の本物の異常者だ」とTwitterで銃規制反対派を激しく非難した。

今年3月には彼らを皮肉る内容の短編映像『Cold Dead Hand』(原題)をコメディ・サイト「Funny or Die」で公開、「これは、子供たちの安全のためであったとしても主義を変えようとしない、心ないバカ野郎どもについての作品です。気を悪くしたなら、ごめんよ」とツイートしている。

(C) Getty Images
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top