ヒット・ガールとキックアスがキス!? 大佐役ジム・キャリーのビジュアルも明らかに

最新ニュース

『Kick-Ass 2:Balls to the Wall』撮影風景 -(C) Newscom/AFLO
  • 『Kick-Ass 2:Balls to the Wall』撮影風景 -(C) Newscom/AFLO
ブラッド・ピットがプロデューサーに名を連ね、全米で初登場No.1を獲得したヒーロームービー『キック・アス』の待望の続編となる『Kick-Ass 2:Balls to the Wall』(原題)の撮影が、順調に進んでいるよう。今回、シネマカフェでは本作の撮影現場の様子をキャッチ!

アーロン・ジョンソン演じるコミックオタクのデイヴが、ヒーローに憧れて自前のスーツ&マスクでヒーロー活動を開始し、ネットを中心に“キック・アス”という名で一躍有名になっていった前作『キック・アス』は、単館公開系ながらも日本でも口コミで上映館が増え続け、空前のヒットを記録した。今回、入手した現場写真の一つは、前作にも登場していたクロエ・グレース・モレッツ演じる“ヒット・ガール”ことミンディがデイヴになんとキスをしているシーン。前作ではデイヴにはエリカという同じ学校に通うガールフレンドがいたが、続編となる『Kick-Ass 2』ではまさかキック・アスとヒット・ガールが恋仲に発展するということだろうか?

そして、もう一つは本作でスターズ大佐を演じることが決まったジム・キャリーの撮影風景の様子。原作の大ファンだというジムが扮するスターズ大佐は、マーク・ミラーの原作コミックの中では「ジャスティス・フォーエバー」を結成する信仰心の厚いキリスト教徒というキャラクターだそう。今回、入手した写真ではキック・アスと肩を並べて歩くスターズ大佐の姿が確認できるが、全身迷彩服で頭も角刈りとその出で立ちはまさに軍隊の“大佐”そのもの! 体格もよく、見る限りはかなり強そうだが実のところはどうなのか?

レッドミスト役のクリストファー・ミンツ=プラッセ、ビッグ・ダディ役のニコラス・ケイジの続投のほか、新たにドクター・グラヴィティー役でドナルド・フェイソン(『スカイライン−征服−』)、レッドミストのボディガード役としてジョン・レグイザモ(『ハプニング』)の出演も決定した本作。詳細は明らかとなっていないが、キックアスとヒット・ガールの関係の変化、ジム演じる新キャラクターなど今回も見どころはたくさんありそう。2013年6月に全米公開予定とのことだが、パワーアップした『Kick-Ass 2』の日本公開がいまから待ち遠しい。

© Newscom/AFLO
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top