ソダーバーグ監督“幕引き”は心理サスペンスで 『サイド・エフェクト』予告編公開!

最新ニュース

『サイド・エフェクト』-(C) 2013 Happy Pill Distribution, LLC.  All rights reserved.
  • 『サイド・エフェクト』-(C) 2013 Happy Pill Distribution, LLC.  All rights reserved.
  • 『サイド・エフェクト』のポスタービジュアル
  • 『サイド・エフェクト』-(C) 2013 Happy Pill Distribution, LLC.  All rights reserved.
  • 『サイド・エフェクト』-(C) 2013 Happy Pill Distribution, LLC.  All rights reserved.
監督業からの引退を表明しているスティーヴン・ソダーバーグ監督“最後の劇場作品”で、「ヒッチコックの現代版」と評され注目を集めている心理サスペンス『サイド・エフェクト』。オスカー受賞作『トラフィック』や『オーシャンズ11』などの名作を生み出してきた鬼才・ソダーバーグ監督の「最後のメッセージ」となる本作の、予告編&ポスター・ビジュアルが到着した。

エミリーは、最愛の夫・マーティンが収監されたことにより鬱病が再発し、自殺を図る。担当医となった精神科医・バンクスは新薬を処方するが、その副作用でエイミーは夢遊病を発症。しかし、薬の効果で夫との関係が改善したと言い張り、服用を止めたがらない彼女は、夢遊病状態のまま殺人事件を起こしてしまう。主治医として責任を問われ、窮地に立たされたバンクスは独自の調査に乗り出し、事件の背後に渦巻く衝撃的な真実に迫っていくのだった…。

主人公・バンクスをジュード・ロウ、バンクスを惑わす女性・エイミーを『ドラゴン・タトゥーの女』のルーニー・マーラが演じるほか、女医・シーバート役のキャサリン・ゼタ=ジョーンズ、エミリーの夫役にはチャニング・テイタムと、ソダーバーグ監督の“最後”を飾るにふさわしい豪華キャスト陣の共演は圧巻の一言。

予告編では、薬の副作用(サイド・エフェクト)を発端に巻き起こる殺人事件と、その裏側に渦巻く陰謀を予感させる登場人物たちの姿が次々と映し出される。ラストにバンクスが放つのは、その意味を考えずにはいられなくなる一言。疑惑と緊張感に覆われた、インパクトのある映像に仕上がっている。

ポスタービジュアルも、4人が見せる複雑な表情とまなざしが、一筋縄ではいかない複雑なストーリーを暗示しているようだ。それぞれが視線の先に捕らえているものは何なのか? そして事件の真相とは? 物語の行方にますます期待が高まる濃密なサスペンスを、この予告編&ポスターから探ってみては?

『サイド・エフェクト』は9月6日(金)よりTOHOシネマズみゆき座ほか全国にて公開。

※『サイド・エフェクト』の予告編映像はcinemacafe.net記事ページよりご覧いただけます。

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top