長瀬智也×剛力彩芽が3億円事件の真相に迫る!10月スタートドラマ『クロコーチ』

最新ニュース


 TOKIOの長瀬智也が、10月スタートの連続ドラマ『クロコーチ』(金曜22時よりTBS系にて放送)で、3億円事件の真相に迫る刑事を演じることが発表された。TBS系ドラマの主演を務めるのは3年ぶり。長瀬は、「原作と共に今までのイメージを覆すような新ジャンルの刑事ドラマを作っていきたい」と意気込みを語った。

 長瀬が演じるのは、昨今の連ドラで描かれるヒーロー刑事とはかけ離れた、姑息で大胆不敵な悪徳刑事・黒河内圭太。「県警の闇」と呼ばれ、部下もいないまま、政治家の弱みを握り大金を強請り続けている。そんな黒河内が、不正な金と同時に得た情報を手がかりに、昭和の未解決事件である3億円事件を解決していく。

 そして、ヒロインである、優秀だが純真無垢な警部補・真代役には剛力彩芽が決定。「静」と「動」を体現したかのような対照的な2人がコンビを組み、様々な事件を追っていく。剛力は、「いつかドラマで格好良い刑事を演じたいと思っていたので、今回刑事を演じられてとても嬉しいです。真面目に真剣に面白く、自分なりの格好良い刑事を演じたいと思います」とやる気を見せた。ドラマ初共演となる長瀬については、「バラエティでは何回かお会いしているのですが、とても優しくとても男らしい雰囲気がある方」と絶賛。長瀬も、「ものすごく透き通っていて、かわいらしい方。そうじゃない暑苦しさを黒河内で思いっきり出せたら」と剛力の印象を語った。

 このほか、香椎由宇、利重剛、小市慢太郎、大地康雄、風間杜夫、渡部篤郎など演技派俳優陣が共演としてドラマを盛り上げる。

 原作は、映画「20世紀少年」(企画/脚本)、「MASTERキートン Teマスター」「PLUTO」などを、長崎尚志名義で浦沢直樹と共に手がけたリチャード・ウーで、作画を「ルーザー」「ゲバルト」のコウノコウジが担当しているという、業界トップクラスの2人が初タッグで描くクライム・サスペンス「クロコーチ」。「週刊漫画ゴラク」(日本文芸社)で連載中だ。原作と台本を読んだ長瀬は、「面白いけれど、ものすごく考えさせられた作品でした。果たしてこれはどっちが悪いことで善いことなのか……。実際にあるのかないのかもわからない……。そういう意味で面白かったですね。原作には漫画ならではの世界観がありますが、まだコミックになっていない作品なので、真っ白な状態からドラマの世界観を作り上げていきたいです」と語った。

■『クロコーチ』
2013年10月スタート!



《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top