N・フォルミケッティ、レディー・ガガの無理難題に耐え切れずスタイリストを降りる

最新ニュース

レディー・ガガ&ニコラ・フォルミケッティ-(C) Getty Images
  • レディー・ガガ&ニコラ・フォルミケッティ-(C) Getty Images
  • レディー・ガガ -(C) Getty Images
  • ニコラ・フォルミケッティ-(C) Getty Images
  • レディー・ガガ&ニコラ・フォルミケッティ-(C) Getty Images
  • レディー・ガガ -(C) Getty Images
  • レディー・ガガ-(C) Getty Images
ニコラ・フォルミケッティがレディー・ガガのスタイリストをやめてしまった。5年間ガガのスタイリストとして活躍してきたニコラだが、「1日に12回も着替える」などのガガによるその「常軌を逸した」要求にさすがに耐えかねてしまったようだ。

ただニコラは、これからもガガをサポートし続けたいと考えていると「WWD」に語っている。「ガガは1日に12回も着替えるんだよ。ばかげてるよね。これからも僕の大親友であることは変わりないけど、僕の元アシスタントをやってたブランドン・マクスウェルがそのポジションに就く方向だよ。僕もは忙しすぎるからさ。5年間で2枚の彼女のアルバムも手がけたしね…これからも何らかの形で関わることにはなるけど、ただもう毎日の仕事は無理なんだ」。

ニコラは、2010年にガガがMTVビデオ・ミュージック・アワードの授賞式で見せた驚きの生肉ドレスの仕掛け人でもあった。

そんなニコラと二人三脚でイメージ戦略を創り上げてきたガガは最近、11月にリリース予定の新作アルバム「アートポップ」でもアートワークなどのイメージが大切な要素だと語っていた。「『アートポップ』で肝心なのは、アートとポップが相互に交流し合うことなの」「私は、おんなじデザイナーやヘアスタイルで自分を規定されたくないし、ずっと同じアイコンでいたくもないの。1つのアイコンなんかじゃないわけ。全てのアイコンなの」「パレットの上に並んだあらゆる色から出来たアイコンなの。そこには何の制限もないわ」。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top