「星空の映画祭」参加者、昨年超え ペルセウス座流星群も「観測できています」

最新ニュース

「星空の映画祭」現場レポート写真
  • 「星空の映画祭」現場レポート写真
  • 「星空の映画祭」現場レポート写真
  • 「星空の映画祭」現場レポート写真
  • 「星空の映画祭」現場レポート写真
  • 「星空の映画祭」現場レポート写真
  • 「星空の映画祭」現場レポート写真
  • 「星空の映画祭」現場レポート写真
  • 「星空の映画祭」現場レポート写真
長野県・八ヶ岳の麓で28年も前から続く夏の恒例野外イベント、「星空の映画祭」。高原にひと夏の間だけオープンする“天然の映画館”が今年も盛況となっているようだ。

大型スクリーンを完備した八ヶ岳自然文化園の星空の下、毎年、各地から多くの映画ファンが集う、開放感とロマンチックな雰囲気で人気の野外映画祭。

今年は、ヒュー・ジャックマンやアン・ハサウェイらが出演する感動作『レ・ミゼラブル』をラインナップに加わったこともあり、今年は昨年を超える盛況ぶりだという。

さらに、もう一つの注目ポイントは、いま話題を集めているペルセウス座流星群。映画祭関係者からは「たくさん観測できています。天気がよければ、さそり座やいて座、夏の大三角形がよく見えます。また月の明るさにもよりますが、頭上には天の川が見えるチャンスもありますよ」という報告も。

このロマンチックな雰囲気の中、心揺さぶる映画を楽しむ、まさに夏のデートに、家族旅行に、ぴったりのイベントとなっている。

また、同映画祭では、35ミリフィルムでの上映にこだわりを見せており、『レ・ミゼラブル』のほかにもウディ・アレン監督のアカデミー賞受賞作『ミッドナイト・イン・パリ』、山村が舞台となる『おおかみこどもの雨と雪』、ジャッキー・チェンの迫力満天アクション『ライジング・ドラゴン』などの厳選作を大迫力の野外スクリーンで見ることができる。

「星空の映画祭」は8月25日(日)まで開催。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top