アシュトン・カッチャー、「世界で最も着心地の良いTシャツ」作るためファッション事業へ

最新ニュース

アシュトン・カッチャー-(C) Getty Images
  • アシュトン・カッチャー-(C) Getty Images
  • アシュトン・カッチャー
  • アシュトン・カッチャー-(C) Getty Images
アシュトン・カッチャーが「世界で最も着心地の良いTシャツ」を作るためアパレル会社を設立した。友人たちと交わした理想の日常着を見つけることについての会話を受けて高級ブランド「ピックウィック・アンド・ウェラー」を設立した現在35歳のアシュトンは、最も着心地の良いTシャツの1つを生み出したと信じているそうだ。

「最近、友達と普段着についての話をしていたんだよ」「それで、各種衣類の中で出来るだけ最高のバージョンを見つけようってことに決めたんだ」「僕はTシャツを毎日着るから、世界で最も着心地の良いTシャツ作りを目指して『ピックウィック・アンド・ウェラー』って会社を始めたわけさ」「いまも着ているんだけど、もしこれが最高の着心地じゃなかったとしても、かなりそれに近いと思うよ」とアシュトンは話している。

アシュトンはただ名前だけのためにブランドものを着るよりも、着心地の良い洋服を着ることの方が重要だと考えているそうで、自身が着る洋服には常に着やすさを求めているのだそうだ。アシュトンは「HELLO!」誌に「僕のスタイルの最優先事項は動きやすさと着やすさだね。着心地が良かったら着るからさ」「おしゃれな格好をしようとすると見た目から入るものだから、つまりは着心地の良さより見た目をより重視しちゃうっておかしいよね」「でも最近の僕と言えば、内面から外に向かっていく方がいいんだよ。つまり、まずは着やすさを確かめて、そこから見た目について考え始めるのさ」と語った。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top