中村勘九郎&松坂桃李は“M気質” 舞台「真田十勇士」製作発表会見

最新ニュース

中村勘九郎&松坂桃李が“M気質”を告白!?堤幸彦の厳しい稽古を覚悟!舞台『真田十勇士』製作発表会見
  • 中村勘九郎&松坂桃李が“M気質”を告白!?堤幸彦の厳しい稽古を覚悟!舞台『真田十勇士』製作発表会見

 2014年1月7日(火)から東京都・青山劇場で上演される、日本テレビ開局60年特別舞台『真田十勇士』の製作発表記者会見が27日に都内で行われ、主人公・猿飛佐助役を演じる歌舞伎役者の中村勘九郎をはじめ、霧隠才蔵役の松坂桃李、忍びの娘・火垂役の比嘉愛未、真田幸村役の加藤雅也、淀殿役の真矢みきらが登壇。戦国時代最後のヒーローとして伝説の中で語られる忍びの精鋭集団・真田十勇士の活躍を壮大に描く今回の舞台で座長を務める勘九郎は“出演者の中で誰が一番忍びに近い?”と報道陣に聞かれ、「役者というものは皆、忍びなのかもしれません。己に厳しいので。マゾしかいないと思っています(笑)」とコメント。演出を務める堤幸彦は「名言ですね。心に留めておきたいです。では、僕はサドになれってことですね」とニヤリ。松坂は「自分に対してS(サド)だと思いますので、そういうこと(マゾ)です(笑)」と語り、堤は「喜んで!」と厳しい稽古を約束していた。

 今回の平成版『真田十勇士』では、時代の波に翻弄される真田幸村と十勇士の運命、そして大坂冬の陣・夏の陣で淀殿を中心とする豊臣方の末路が、さらに徳川方に属する忍び集団の宿命が、忠義や友情、恋愛などを織り交ぜながら、熱き人間ドラマとして活写される。演劇界の重鎮・マキノノゾミの脚本、映画監督でありながら舞台の演出でも定評のある堤幸彦の演出で、迫力のアクションを交え、スリリングに、壮大なスケールで描かれる。

 映像・舞台通じて本格的な時代劇は初めてだという松坂は「初舞台は青山劇場だったので、感慨深いです。初の時代劇が舞台で良かったです。長い稽古の中で、役を自分の中に落とし込みたいです」と意気込みを語った。また、初の舞台出演でくノ一の役に挑む比嘉は「本格的なアクションも初めてなので、皆さんの足を引っ張らないように頑張りたい。“初舞台”は人生で一度きりなので、全身全霊で役を生きていきたいです」と決意を語り、加藤は「マキノさん、堤さんとはいつか一緒にやってみたいと思っていました。その上、歌舞伎、宝塚の両スター、そしてこんなに豪華な共演者と一緒にできて幸せです」と語った。

 他にも、会見には福士誠治、中村蒼、高橋光臣、加藤和樹、村井良大、駿河太郎、鈴木伸之、青木 健、音尾琢真、石垣佑磨ら出演者が勢揃い。彼らに対して、「共演者の方々と今日お会いして、勢いのある方たちなので、そのパワーに圧倒された」と語った真矢は、自身の役どころを踏まえて、個人的な思いを。「(勘九郎の父の)中村勘三郎さんが、本物の大阪城を背景に使った演出をした舞台を拝見して、感動しましたし、すごく印象的でした。今、勘九郎さん主演の舞台で、その大阪城と運命を共にする淀殿の役を演じるということに縁を感じています」と語っていた。日本テレビ開局60年特別舞台『真田十勇士真田十勇士』は、来年1月7日~2月2日まで青山劇場で、2月7日~2月19日まで大阪・梅田芸術劇場メインホールで上演される予定だ。

■日本テレビ開局60年特別舞台『真田十勇士真田十勇士』
【東京公演】2014年1月7日(火)~2月2日(日)青山劇場
【大阪公演】2014年2月7日(金)~2月19日(水)梅田芸術劇場メインホール



関連リンク

舞台公式サイト

中村勘九郎&松坂桃李が“M気質”を告白!?堤幸彦の厳しい稽古を覚悟!舞台『真田十勇士』製作発表会見

《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top