【特別映像】『リトル・マーメイド』BD化、試写会より高品質?

最新ニュース

【特別映像】『リトル・マーメイド』BD化、試写会より高品質?
  • 【特別映像】『リトル・マーメイド』BD化、試写会より高品質?
  • 【特別映像】『リトル・マーメイド』BD化、試写会より高品質?
ウォルト・ディズニー・スタジオの名作をブルーレイの美しい映像と音楽で再現する「ダイヤモンド・コレクション」。このほど『リトル・マーメイド』が、そのラインナップに加わることになり、アカデミー賞受賞の主題歌「アンダー・ザ・シー」の高画質クリップ映像と、作曲者アラン・メンケンが当時の製作秘話を語る貴重なコメントが到着した。

1989年に米国で初公開された『リトル・マーメイド』は、“ディズニー・ニュー・クラシック”と称される、近年のディズニー・アニメの流れを作るきっかけとなった金字塔的な作品。その美しい映像や、魅力的なキャラクター、アカデミー賞・最優秀オリジナル作曲賞と同最優秀主題歌賞を受賞した「アンダー・ザ・シー」をはじめとする陽気なメロディーは世界中を魅了した。

今回コメントを寄せてくれたメンケン氏は、『美女と野獣』('91)、『アラジン』('92)、『ポカホンタス』('95)、『ノートルダムの鐘』('96)、『魔法にかけられて』('07)、そして『塔の上のラプンツェル』('10)まで、数多くの名曲を作曲し、存命者では現在計8個と最多のアカデミー賞受賞者となっている。

メンケン氏は、『リトル・マーメイド』の中の一番お気に入りの曲はという質問について、「どの曲にも非常に愛着がある」としながらも「特に『アンダー・ザ・シー』は、ぐるぐると繰り返されるセリフを使いたくて、作詞を担当したハワード・アシュマンが苦労していたという思い出があります」と当時を振り返っている。そして「『リトル・マーメイド』の音楽の面白い点は、『アンダー・ザ・シー』のような曲から、ジャズやR&Bの要素を取り入れた『キス・ザ・ガール』まで、さまざまなスタイルの音楽の良いところを取り入れているということです」と、その楽曲の魅力をコメントした。

好きなシーンについては、「たくさんあるのですが、中でも気に入っているのは、人魚のアリエルが人間の足を手に入れた日、アリエルが興奮して眠れずにいると、普段厳しいセバスチャンが彼女を優しく寝かせつけるというシーンです」と語り、明るく好奇心が旺盛で、何事にも前向きなヒロイン、アリエルのシーンを挙げた。

また、『リトル・マーメイド』が今もなお、たくさんの人に愛され続けている理由については「(ストーリーが)世界中で受け入れられる物語だからです。自分の声と足を手に入れたいと願う少女の物語に、あらゆる人が共感したのだと思います」と分析。

今回発売されるブルーレイでの見どころについても、「海の色の素晴らしさや、陸上や海中での光の描き方を観てもらいたいです。また、音楽も臨場感あふれる高音質で楽しむことができます。私がこの作品を試写会で見た時よりも質の高いものを、ご自宅にいながらお楽しみいただけるのです。とても贅沢な経験だと思いますよ」と、映像、音響ともにハイクォリティを強調した。

そして、ファンへのメッセージとして「今回発売となる『リトル・マーメイド』のブルーレイで、美しい映像と、私がこの映画のために書いた楽曲を楽しんでもらえることを嬉しく思います。ぜひ楽しみにしていてください」と自信に満ちてアピールした。

『リトル・マーメイド ダイヤモンド・コレクション』ブルーレイ+DVDセットは9月18日(水)より発売開始、価格は3,990円(同日、オンデマンド配信スタート)。


《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top