テイラー・スウィフト、ギネス世界記録に2件認定

最新ニュース

テイラー・スウィフト -(C) Getty Images
  • テイラー・スウィフト -(C) Getty Images
  • テイラー・スウィフト -(C) Getty Images
  • テイラー・スウィフト -(C) Getty Images
テイラー・スウィフトが、「ギネス世界記録」に2件認定されたことが明らかとなった。テイラーの大ヒット曲「We Are Never Ever Getting Back Together」のデジタル・シングルがリリース直後わずか50分でiTunesシングルチャートのトップに輝いたことで“最速で売れたデジタル・シングル”として認定されるなど、計2つの記録を今回打ち立てている。

また「ワン・ダイレクション」も、10月20日にシングル「Live While We're Young」が全米リリースされた際にシングル・チャートでいきなり3位に入ったことで、“イギリス発のグループとして全米で発売後の最高位のランクイン記録”としてギネス認定された。

そのほかの認定では、エミリー・サンデーのデビューアルバム「OUR VERSION OF EVENTS」が“UKトップ10チャートに連続で最多ランクインしたデビューアルバム”として、その功績が称えられている。

さらにカルヴィン・ハリスも、大ヒットとなったアルバム「18Months」で1枚のアルバムからUKシングルチャートでトップ10入りした最多曲数を誇り、これまでマイケル・ジャクソンの1987年発売のアルバム「BAD」が保持していた記録を塗り替えてギネス入りした。

「18Months」は最終的に、「Bounce」「Feel So Close」「I Need Your Love」「Sweet Nothing」など合計9曲をトップ10チャートに送り込んでいる。

そんな様々な記録が記載された書籍「ギネス世界記録 2014」は来週12日(木)に発売予定だ。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top