東京ごはん映画祭、気鋭のフードアーティスト「food creation」が魅せる“食”

最新ニュース

「food creation」が手がける料理/東京ごはん映画祭 ※料理のイメージ写真です。実際の上映会のお料理とは異なります。
  • 「food creation」が手がける料理/東京ごはん映画祭 ※料理のイメージ写真です。実際の上映会のお料理とは異なります。
  • www.foodcreation.jp ※お料理のイメージ写真です。実際の上映会のお料理とは異なります。
  • 『エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン』
  • 第4回東京ごはん映画祭ポスター
今年で4回目を迎える「東京ごはん映画祭」。このほど、上映作品の一つ、『エル・ブリの秘密 世界一予約がとれないレストラン』のごはんつき上映会のメニューを、フードアーティスト・諏訪綾子さんが主幹を務め、“表現としての食”を追求し続ける「food creation」が担当することが決定した。

今年、メイン会場を表参道ヒルズ スペース オーとシアター・イメージフォーラムにして開催される「東京ごはん映画祭」。中でも、表参道ヒルズ スペース オーで開催されるごはんつき上映会の目玉とも言えるのが、“世界一予約がとれない”といわれ、現在は閉店してしまったスペインのレストラン「エル・ブリ」の裏側に迫るドキュメンタリーだ。「food creation」は今回、本作をイメージしたフードとドリンクを担当する。

2006年より活動をスタートした「food creation」は、“そのコンセプト 胃まで届けます”という理念のもと、ゲリラ・レストランなど国内外で神出鬼没に活動するフードクリエイティブチーム。

“表現としての食”を追求し、味覚だけにとどまらず、視覚や嗅覚などにも訴える総合的な感覚的刺激としての食と、それを体感するための様々な試みを行ってきた。企業やブランドのコンセプトを食で表現した“コンセプトフード”というスタイルを確立し、美食やグルメの枠にはとどまらない、単なる栄養源でもエネルギー源としてではない、新たな食の価値を提案し続けている。

それだけに、斬新なアイディアで常に食の固定観念を打ち破ってきたカリスマシェフ、フェラン・アドリアによるレストランとのマリアージュは相性抜群のはず! 伝説のレストランとコラボする「food creation」が、東京ごはん映画祭をいっそう盛り上げてくれそうだ。

「第4回東京ごはん映画祭」は10月12日(土)~10月18日(金)開催。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top