【予告編】D・ボイルらを輩出したスタジオ、20周年記念作品『セッションズ』

最新ニュース

『セッションズ』 - (C)2012 TWENTIETH CENTURY FOX
  • 『セッションズ』 - (C)2012 TWENTIETH CENTURY FOX
  • 『セッションズ』ポスター - (C)2012 TWENTIETH CENTURY FOX
『(500)日のサマー』『ブラック・スワン』『リトル・ミス・サンシャイン』など、常に良質な作品を世に送り出してきた、FOXサーチライト・ピクチャーズ。2014年に迎える本スタジオの創立20周年を記念した、新プロジェクトの第1弾作品『セッションズ』の予告編とポスタービジュアルがどこよりも早くシネマカフェに到着した。

6歳で罹ったポリオが原因で首から下が麻痺してしまったマーク。重度の呼吸障害を抱える彼は、自らが「鉄の肺」と呼ぶ巨大な呼吸器の中に横たわり、1日の大半を過ごしている。38歳になり、若くて美しいヘルパーのアマンダに恋をしたマークは、健常な男性であれば誰でもが思い描く、“愛する女性と精神的にも肉体的にもつながりたい“という願いを抱くようになる。神父やヘルパーに励まされ、思い切ってセックス・セラピストの“セッション”を受けることを決意したマークだったが…。

首から下の麻痺を持ちながら、38歳にして愛する女性と心身ともにつながりたいと願い、新たな冒険に挑むという難役を演じるのは『ウィンターズ・ボーン』のジョン・ホークス。本作の演技が評価され、ゴールデングローブ・ドラマ部門で主演男優賞にノミネート。また、セックス・セラピスト役として、惜しげもなく美しい裸体を披露した『恋愛小説家』のヘレン・ハントは、本作でアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞の助演女優賞にノミネートされた。マークに聖職の枠を超えたアドバイスをするブレンダン神父には、『ファーゴ』やドラマ「シェイムレス 俺たちに恥はない」などで知られる名優ウィリアム・H・メイシーが演じている。

FOXサーチライト・ピクチャーズと言えば、これまで、ダニー・ボイル、ダーレン・アロノフスキー、ウェス・アンダーソン、アレクサンダー・ペイン、ジェイソン・ライトマンなど、のちに異才・名匠と称えられる有名監督たちを数多く輩出し、アート映画界を牽引。過去19年間で20個のアカデミー賞を獲得し(81ノミネート)、この9年間で9回の作品賞にノミネートされている、文字通り“最もアカデミー賞に近い”スタジオだ。

詩人でありジャーナリストのマーク・オブライエンの実話をベースに、彼が童貞喪失を決意し、実行に移すまでをユーモアたっぷりに温かく描く本作。実にFOXサーチライト“らしい”作品で、また新たなる感動を与えてくれるだろう。なお、本作は東京国際映画祭で特別招待作品として上映される予定だ。

『セッションズ』は12月6日(金)より新宿シネマカリテほか全国にて順次公開。

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top