レオナルド・ディカプリオ、ウィルソン大統領の伝記映画製作&主演に着手

最新ニュース

レオナルド・ディカプリオ-(C) Getty Images
  • レオナルド・ディカプリオ-(C) Getty Images
  • レオナルド・ディカプリオ-(C) Getty Images
  • レオナルド・ディカプリオ-(C) Getty Images
レオナルド・ディカプリオが第28代アメリカ合衆国大統領のウッドロウ・ウィルソンを演じることになりそうだ。

「Hollywood Reporter」誌によると、A・スコット・バーグによるウィルソン大統領の伝記を脚色するもので、レオは主演と製作を兼任する。レオの製作会社「アッピアン・ウェイ」のジェニファー・デイヴィソン・キローランとバーグ自身も製作に名を連ねている。

ウィルソンは、プリンストン大学の総長やニュージャージー州知事を経て1913年から合衆国大統領を8年間連続2期務めた。その間に第一次世界大戦への参戦、「十四か条の平和原則」を発表し、国際連盟の創設に関わった功績からノーベル平和賞を受賞している。就任後期には脳梗塞を発症し、左半身不随や言語障害に苦しんだ。就任期間中の1914年に妻を亡くし、翌年に再婚。ホワイトハウスで結婚式を挙げた最後の大統領でもある。

ハードカバーで832ページの大作だが、映画がウィルソンの生涯のどの部分に焦点をあてた内容になるかは不明。ワーナー・ブラザーズが映画化に向けて交渉に入ったという。
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top