劇団ひとり初監督『青天の霹靂』クランクアップ…大泉洋、柴咲コウら共演

最新ニュース

『青天の霹靂』
  • 『青天の霹靂』
  • 『青天の霹靂』
  • 『青天の霹靂』
  • 『青天の霹靂』
  • 『青天の霹靂』
お笑いの枠を超えて、作家、俳優と、マルチな才能を発揮する芸人・劇団ひとりが、自身の書き下ろし小説2作目「青天の霹靂」を大泉洋&柴咲コウを主演に迎え、映画化した同名作『青天の霹靂』が、去る9月11日にクランクアップを迎えた。

売れないマジシャン・轟晴夫は、母が幼いころ家出、父とも絶縁状態だ。ホームレスになっていた父が死に、父のダンボールハウスにみずからの未来を見た晴夫は涙する。そこに青天の霹靂、雷が晴夫を直撃する。晴夫は40年前にタイムスリップし、同じマジシャンの父・正太郎、アシスタントの母・悦子と出会う。晴夫は正太郎とコンビを組み人気者に。そんなとき悦子が妊娠する。晴夫は「あの人から生まれてくるのは俺だ」と気づく。明らかになる出生の秘密。母はなぜ晴夫を捨てたのか。父と晴夫はなぜ不仲になったのか。そして晴夫はこの先どうなるのか――。

8月3日にクランクインした本作は、ひとりさんのリアリズムの追求によりオールロケ、関東近郊各地で撮影した。長野県上田市では昭和の浅草の町並みを再現した撮影も行なわれ、ひとりさんは上田市の協力に感謝しきりだ。

約1か月半の撮影を乗り越え迎えたラストカットは、主演の大泉さんによるマジックシーン。撮影の4か月前から練習を重ねてきた、プロのマジシャンでも難しいと言われるカードマジックを披露し、初監督作の感動のクランクアップに華を添えた。

大泉さんは「細部にわたって演出してくれる監督は天才肌で、やりたいことが明確だった。現場でもゲラゲラ笑いあってとても楽しかったです。マジックシーンはどれもキツかったです。自分は今、鳩を出すのが日本一、いやひょっとしたら世界一上手い役者かもしれません(笑)」と現場でも和気あいあいだったよう。

大泉さんの母・悦子を演じる柴咲さんは「男性が多い作品なので、華やかさを大事にしました。大泉さんは普段から面白い方なので、本番に入る前に笑いを堪えるのが大変でした(笑)。監督は全てを声に出して語る方ではないので、不安もありましたが、『良かったです!』と言って頂けてとても安心しました」とコメントを寄せた。

轟正太郎役として自身も出演したひとりさんは「クランクインのときは、地獄みたいな日々が続くのではないかと思いましたが、初めてのわりには楽しんでできたと思います。映画そして原作のきっかけは、数年前マジックバーで、ペーパーローズが浮いてバラに変わる瞬間に感動したこと。あの感動を味わって頂けたら充分です」と本作の仕上がりに大満足のようだ。

『青天の霹靂』は2014年5月、全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top