劇団ひとり、自身の小説映画化で監督デビュー 大泉洋は柴咲コウの“息子”役

最新ニュース

大泉洋×柴咲コウ×劇団ひとり/『青天の霹靂』
  • 大泉洋×柴咲コウ×劇団ひとり/『青天の霹靂』
  • 大泉洋/『青天の霹靂』
  • 柴咲コウ/『青天の霹靂』
  • 劇団ひとり/『青天の霹靂』
お笑い芸人・劇団ひとりが、自らの書き下ろし小説「青天の霹靂」を、自らが初のメガホンを握り映画化することが決定! さらに、メインキャストに大泉洋、柴咲コウの2人がキャスティングされていることが明らかとなった。

作品のタイトルにかけて、今回の監督デビューを「まさに“青天の霹靂”でございます」と語るひとりさん。物語は、天涯孤独で売れないマジシャンが、自分の生まれる前である40年前の浅草にタイムスリップし、若き日の両親と出会いながら自分の出生の秘密を知っていく…というもの。

芸人だけでなく、作家としても活躍しているひとりさん。「晴天の霹靂」は小説デビュー作にして100万部超の大ベストセラーとなった「陰日向に咲く」に続く、小説第2作目となる。先日、公開され話題を呼んだ“川島省吾”名義の初主演作『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE』では、自身のコント芸さながらの“憑依”したかのような名優ぶりを発揮し、注目を集めていた。

そんなひとりさんは、本作では監督だけでなく脚本・俳優としても参加する。演じる役柄は、タイムスリップをしてきた晴夫を息子だとは知らず、マジシャンのコンビとして迎え、浅草のステージに立つ父・轟正太郎。

今回の映画化については、「8年ほど前、マジックバーで見たバラの手品に感動し、いつか映画にできたらという想いで原作を執筆しました。大泉さん独特の悲哀と柴咲さんの愛らしい茶目っ気を楽しみにしています。まさか自分が監督だなんて、それこそ“青天の霹靂”ではございますが、マジシャンの方々も納得の作品になるよう死に身でやらせていただきます」と初の挑戦に相当意気込んでいる様子だ。

さらに、主人公・轟晴夫役に抜擢された大泉さんは、「以前からひとりさんの笑いや小説のファンでしたから、今回のオファーはとても嬉しかったです。そして主人公が昭和48年にタイムスリップするというストーリーも、その年に生まれた私には大変深い縁を感じております。ただ役が浅草のマジシャンということで、只いま手品を猛特訓中ですが、これがあまりにも難しく、何とか役をマジシャンからコメディアンに変えてもらえないかと日々頼んでおります(笑)柴咲コウさんの息子役というのもいまから楽しみです」と喜びと密かな楽しみを明かしてくれた。

そんな大泉さんの母・悦子を演じる柴咲さんは、「劇団ひとりさんも大泉洋さんも2度目の共演。脚本はスっと心に入ってきて、情景が浮かびやすかったです。タイムスリップという誰もが夢に抱く一つの大きなフィクションの元、その時代の趣きや良さ、そしてその中で生まれる人情や情愛を丁寧に表現できれば、と思っております」とコメントを寄せている。

ビートたけしに憧れて芸人になり、チャップリンの映画をこよなく愛するマルチな男・劇団ひとり。コメディアンと映画監督、2つの顔を持つ新たな才能が誕生する瞬間なのかも?

『青天の霹靂』の撮影は8月~9月の間で行われ、2014年の公開を予定。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top