ヒュー・ジャックマン、チューリッヒ映画祭にてドイツ語で受賞スピーチ

最新ニュース

ヒュー・ジャックマン
  • ヒュー・ジャックマン
  • ヒュー・ジャックマン in ジャパンプレミア
  • ヒュー・ジャックマン in ジャパンプレミア
ヒュー・ジャックマンが28日(現地時間)、スイスで開催された第9回チューリッヒ映画祭に出席、ドイツ語でスピーチした。

最新主演作『Prisoners』(原題)の上映も行われた映画祭で、これまでの映画や舞台における功績を称えるゴールデン・アイコン賞を贈られたヒュー。トロフィーを受け取って「このような栄誉を授かり、新作『Prisoners』も披露できて、とても光栄です」と英語訛りのドイツ語で感謝を述べると、会場に集まったファンから大喝采が起きた。

そこから英語に切り替えて、両親の馴れ初めがスイスのリゾート地であったことや、18歳の頃に貧乏旅行でスイスを旅したエピソードを語り、「通りを歩き回って、駅で寝たりしてました。あのとき、あなたが追い払った浮浪者。あれは僕だったんですよ」とジョークで観客を笑わせた。

ヒューは前日の27日にスペインで開催された第61回サン・セバスチャン映画祭でも生涯功労賞を贈られている。
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top