マドンナ、駆け出し時代のレイプ被害を告白

最新ニュース

マドンナ-(C) Getty Images
  • マドンナ-(C) Getty Images
  • マドンナ
  • マドンナ-(C) Getty Images
マドンナが駆け出し時代にレイプ被害にあっていたことを告白した。マドンナは被害にあってから20年近い時を経て、トラウマになったレイプ事件について今回初めて口を開き、スターになるという夢を抱いてミシガン州のローチェスターからニューヨークに上京した直後に、何者かにナイフを突きつけられて脅され、性的暴行を受けたと明かしている。

マドンナは「Harper's BAZAAR」誌の11月号に寄稿し、「ニューヨークは私の想像通りの町ではなかったわ。私を快く受け入れてはくれなかったの。上京1年目で、ガンを突きつけられたりしたわ。それに、背中にナイフをつきつけられて、ビルの屋上に連れて行かれて、レイプされたの」「自宅にも3回強盗が入ったわ。理由は分からないの。初めて泥棒が私のラジオを持って行った後、貴重品は何も無かったのにね」と述懐した。

そんなつらい出来事にあったにも関わらず、ニューヨークで生き延びることを決心したマドンナはそれ以降、さらに成功するために「がむしゃら」になったそうで、嫌いな仕事も引き受けたと続けた。「ニューヨークに辿り着いたものの、私が心の準備をしていたこととは全く違うことになったわ。プロのダンサーになろうとしたり、家賃のためにアートクラスのヌードモデルになって、裸の私を見つめる人たちを見返したりしたわ。人間としてではなく、鉛筆や木炭で捉えるただのフォルムだと思わせるような挑戦的な目でよ」「反抗的だったわ。生き延びるのにがむしゃらだったの。それを達成するために。でも、つらかったし、孤独だったわ。だから毎日それを続けるために、自分の尻を引っ叩かなくてはいけなかったわ」。

マドンナは1995年に「NME」誌とのインタビューで初めてレイプ経験というショッキングな告白をしているが、それ以降その件については口をつぐんでいた。その当時マドンナは「美化できるような経験ではないわ。確かに当時はつらかったけど、それでより強い人間になれたって分かっているから…サバイバーにならざるを得なかったの」と話していた。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top