佐藤隆太&谷村美月、「リーガルハイ」第2話ゲストで登場

最新ニュース


 フジテレビ系で9日にスタートした堺雅人主演の新ドラマ『リーガルハイ』の10月16日放送の第2話ゲストとして佐藤隆太と谷村美月が登場する。

 佐藤が演じるのは、高校3年のころにIT企業を設立し、数々の一流企業を買収、大成功を収め、「時代が生んだ天才」などともてはやされるも、インサイダー取引や所得隠しの容疑で逮捕され、実刑判決を受けてしまった鮎川光。鮎川は、出所後、テレビ番組に出演し、テレビ、新聞、雑誌などのマスコミを、名誉棄損で訴えるという役どころ。古美門研介(堺雅人)は鮎川の代理人に名乗り出るが、過去にいろいろな弁護士と会ってきたが自分より頭の良い弁護士に会ったことがないと拒絶。裁判関係の書籍を読みあさり、弁護士を雇わず自分で訴訟をする本人訴訟を行うと言う。この二人が織り成す法廷での真剣勝負は必見だ。

 ドラマの撮影を終えた佐藤は「この現場の楽しさを知ってしまったので、“もっとこの現場にいたい”、“レギュラー出演したいな”と、本当にそう思える現場でした」と述べると、演じた鮎川については「少し嫌みでキザなイメージに見えるんじゃないでしょうか。これまでスマートに思える役は、あまり演じた経験がありません。良いイメージ、悪いイメージの役は演じていますけど、“スマート”には見えない役ばかりでしたね(笑)。ですから、少し照れくさいんですが、こういった役で僕を呼んで下さったことも、すごくうれしいです」と語り撮影を楽しんだようだ。また、法廷シーンについては「堺さんとは、初めてきちんとご一緒させていただいたんですけど、お芝居、役者としての経験値が僕よりはるかに上で、僕は足を引っ張らないように…結果、引っ張ってしまっているかもしれませんけど、少しでもついていけるようにと頑張りました。堺さんは、役者として僕が想像していた以上に、素晴らしい先輩です。本当に“格好良いな”と思いました。こういった方との出会いは…、良い作品との出会いももちろんですが、この仕事をしていて一番うれしいことです」と、堺に惚れ込んだようだ。

 そして、谷村が演じるのは、鮎川に名誉棄損で訴えられる漫画家の玉川たま。玉川の書いた漫画「破壊の天才」は、少年時代から天才と言われてきた主人公の鮒沢輝が、成功を収め金におぼれ、やがて挫折してゆくストーリーを痛快に描いた作品。鮎川は、自分を揶揄(やゆ)した作品だとして、出版社と玉川に訴えを起こす。出版社の編集長と玉川は、羽生晴樹(岡田将生)が代表を務める弁護士事務所「NEXUS」に弁護を依頼することに…。

 谷村美月は撮影を振り返り「レギュラーの皆さんが演じられているキャラクターが固まっているので、最初から作りこんで現場に行くとキャラクター同士がぶつかってしまう気がしました。ですから、今回はシンプルにセリフだけを覚えて現場で作るようにしたんです。そうしたら、思いのほか動作とセリフが、かみ合わなくなってしまったり…、難しいということを初日に気づかされました。こんな状態になったのは久しぶりです。どんなセリフにしたら良いだろう? と、現場で悩んで…。でも、本番に向けてセリフが少しずつ乗っていく高揚感も久しぶりで、不思議な感じがしました」と語り、「あとはドラマですので、カット割りや編集でどんどん変わると思いますので、出来上がりが楽しみです」と話した。また、古美門と黛については、「生で見ていると、ゲストとして参加する私には“異常だ!”と感じてしまいます。そう感じていることを冷静に客観的に見ている私もいて(笑)。そんな気分も楽しかったです」と『リーガルハイ』の世界観を楽しんだようだ。

■『リーガルハイ』(フジテレビ系)
2013年10月16日(水)スタート 
毎週水曜 22:00~22:54

■出演者
堺 雅人 新垣結衣 岡田将生 ・小雪・ 田口淳之介 黒木 華 古舘寛治(※舘の字は、外字で偏が舎) / 里見浩太朗 他


関連リンク

ドラマ『リーガルハイ』堺雅人インタビュー

佐藤隆太と谷村美月が『リーガルハイ』第2話ゲスト!

《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top