【インタビュー】堺雅人・主演「リーガルハイ」…「半沢直樹」終え、銀行から法廷へ

最新ニュース

堺雅人(古美門研介役)/ドラマ「リーガルハイ」 -(C) フジテレビ
  • 堺雅人(古美門研介役)/ドラマ「リーガルハイ」 -(C) フジテレビ
  • 堺雅人
  • 『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』完成披露試写会
  • 『大奥 ~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』ジャパン・プレミア
2012年4月期に放送され、今年4月にスペシャルドラマとして1夜限りの復活を果たした「リーガルハイ」の続編がいよいよスタート。偏屈、毒舌、皮肉屋、気分屋、浪費家という人格破綻者にもかかわらず、訴訟の勝率100%を誇る敏腕弁護士・古美門研介という強烈なキャラクターを、堺雅人さんが引き続き演じます。

弱者救済の使命に燃える真面目な女性弁護士・黛真知子演じる新垣結衣さんとのコミカルな掛け合いが人気の弁護士ドラマ。今回の新シリーズでは、古美門&黛の凸凹コンビに新たなライバルが登場! 変わり者の古美門すら魅了してしまう天性の“人たらし”で、誰とでもボーダレスで付き合えるゆとり世代の若き弁護士・羽生晴樹というニューキャラクターが2人の前に立ちはだかります。息の合った芝居を見せるレギュラーキャスト陣の中に、物語の鍵を握る羽生役の岡田将生さんが加わり、さらにパワーアップした「リーガルハイ」。待望の新シリーズのスタートを前に、主演の堺さんが本作の見どころ、意気込みを語ってくれました。

■「リーガルハイ」の続編がついにスタート!

――待望のシリーズ化! 再び、古美門研介というとても癖のあるキャラクターを演じてみて、いかがですか?

連続したシリーズへの出演は初めてですが、その分の時差も十分に見越したうえで、脚本の古沢良太さんは書いてくれていると思います。古沢さんの本は本当に楽をさせないというか、今は「しんどいよね」と、弱音ばかり吐いている状態で…。一回演じた役だから余裕を持って演じられるようになったわけでなく、周りのスタッフや古沢さんから刺激を受けながら、新しいものを作っているような感覚ですね。

――『リーガルハイ』の魅力はどこにあると思われますか?
僕は古沢脚本に面白さがあると思います。新シリーズの魅力はまだはっきり分からないですが、安易な答えに落ち着かないことは確かでしょうね。一流の脚本家である古沢さんと同じ時代を過ごせたことを幸せに感じますし、古沢作品にまた関われたことを嬉しく思います。

――古沢脚本を映像化する上での難しさは?
この作品では、価値観が二転三転しますよね。一つの世界観を作っておいて、それを崩してまた戻す。これは、監督さんやスタッフの方が、本当に腕がないとできないことだと思います。相当ハードルの高いことをされてるんだろうなという気はします。

■インタビューの続きはこちら(※テレビドガッチへ)
http://dogatch.jp/interview/544/02.html
《テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top