AKB48渡辺麻友&ふなっしー、“海神”の息子を演じる宮野真守の告白にビックリ

最新ニュース

『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』ジャパン・プレミア(ふなっしー&渡辺麻友&宮野真守)
  • 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』ジャパン・プレミア(ふなっしー&渡辺麻友&宮野真守)
  • 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』ジャパン・プレミア(ふなっしー&渡辺麻友)
  • 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』ジャパン・プレミア(渡辺麻友&宮野真守)
  • 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』ジャパン・プレミア(渡辺麻友&宮野真守)
  • 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』ジャパン・プレミア(渡辺麻友)
  • 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』ジャパン・プレミア(宮野真守)
  • 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』ジャパン・プレミア(ふなっしー&宮野真守)
  • 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』ジャパン・プレミア(渡辺麻友&宮野真守)
人気声優の宮野真守が10月21日(月)、都内で開催された『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』のジャパンプレミアに出席し、「水を操るパーシーの力を持ったら? 実は泳げないので、泳ぐどころか、水とたわむれたい」と明かしていた。

ギリシャ神話に登場する“海神”ポセイドンと人間の間に生まれた半神、パーシー・ジャクソンが活躍する壮大なアドベンチャー・シリーズ最新作。宮野さんは前作『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』(’10)に引き続き、日本語吹き替え版でパーシーを演じ、「すっかり大人になっておりまして、見た目もかなり成長している。たくましくなりましたね」とその成長ぶりに目を細めた。

一方、「神の子ではあるけど意外と情けないという、頼りなくって、ウジウジ悩んじゃう。そういう人間らしい部分は共感する」ともコメント。「3Dの映像も迫力満点なので、ぜひ劇場で目の当たりにしてもらえれば」と熱弁していた。

かつてポセイドンらが封印した破滅神のクロノスが復活を企むなか、パーシーたちはその邪悪な力を止めるために、魔物が巣食う“魔の海”に隠された黄金の毛皮を探すアドベンチャーに旅立つ!

ジャパンプレミアには、初の実写吹き替えに挑戦したAKB48の渡辺麻友、声のゲスト出演をしている千葉県船橋市の非公認キャラクター「ふなっしー」も駆けつけた。渡辺さんはオリンポスの神アテナの娘・アナベスを演じ「私もアナベスのように機転を利かせて、ピンチを切り抜けたいですね。集中力を高めるシーンは、ライブ直前の緊張感に似ている」と役どころについて語り、「映像が幻想的できれい。それに友情や絆にも注目してほしい」とアピールした。

『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』は11月1日(金)より3D/2D全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top