天海祐希、約20cmも髪をバッサリ!初のテレ朝主演の連続ドラマ「緊急取調室」

最新ニュース


 天海祐希が、テレビ朝日2014年1月クールの連続ドラマで初主演に挑戦することが、29日(火)明らかとなった。その記念すべき作品のタイトルは、『緊急取調室』。稀代のストーリーメーカー・井上由美子とタックを組んだ作品で、“取調室という密室の中で繰り広げられる新玉カタチの刑事ドラマ”となっている。

 このドラマの主演を務めることになった天海は、10年ぶりに長く美しい髪を約20cmも切り、女優人生で初の役どころとなる取調官と颯爽と演じる。
 天海が今回演じる主人公は、取調官の真壁有希子。真壁は、叩き上げの女刑事で、数々の凶悪事件を解決に導き、優秀な人材のみが集められる警視庁捜査一課特殊犯罪捜査(=SIT)の長にまで上り詰めた人物。だがある事件の失態で全責任を負わされるはめに…。その結果、緊急事案取調応班(通称:キントリ)に配属となり、一癖もふた癖もあるベテラン取調官たちに囲まれ、一筋縄ではいかない犯人との“言葉と心理戦による駆け引き”を行いながら、事件の裏側に隠された真実を追究していく。その中で、彼女は、過去の未解決事件を追ううち、“驚愕の事実”も暴いていくとか……。

 その有希子を演じる天海は、「今回は、有希子のイメージに合わせて、髪を黒くし、バッサリと切りました。実はずっと長い髪を切りたいと思っていたので、切った瞬間は嬉しくなりました。その後の手入れも楽で気に入っています」とコメントすると、今回の役柄について、「有希子役は、相当かっ飛ばしていると思いますし、真剣かつ楽しみながら演じてます。毎回、見せ場となる取調室での攻防戦も、演じていて本当に面白い」と撮影も順調の様子。
 また、有希子の脇を固めるのは、管理官・梶山勝利役に田中哲司ほか、小日向文世、大杉漣、でんでんといった味と実力を兼ね備えたキャスト陣、そして、キントリに敵対心を抱く捜査一課の刑事には、速水もこみち、鈴木浩介に加え、篠井英介、草刈正雄といった独特の雰囲気をもつ俳優たちも一堂に会する。その中で、天海は、「私のように“おじさんみたいな女の人”もいれば、“おばさんみたいな男の人”もいる、性別を超越した楽園が広がる現場(笑)で、計り知れないチームワークが築かれていて毎日楽しくて仕方ありません」と現場の雰囲気も語ってくれた。

 そして脚本の井上に対しては、「凄い力添えと、安心感を頂いています。井上先生が選ばれる言葉はどれも素敵で、心情に寄り添ってくれる台詞ばかり。先生が書いてくださったものを誠実かつ、ストレートに表現できたら、素晴らしい作品ができるだろうなと、感じています」と確かな手応えを感じ、「ドラマを見てくださった方にも伝わることを願いつつ、刑事として最後まで正義を貫きたい」と意気込みを見せた。この新ドラマ『緊急取調室』は来年1月からの放送! お楽しみに!

■木曜ドラマ『緊急取調室』
2014年1月スタート!(テレビ朝日系)
毎週木曜21:00~21:54



天海祐希、約20cmも髪をバッサリ!初のテレ朝主演の連続ドラマで取り調べのプロに変身!?『緊急取調室』来年1月スタート!

《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top