クリストフ・ヴァルツ、『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作で悪役に?

最新ニュース

クリストフ・ヴァルツ-(C) Getty Images
  • クリストフ・ヴァルツ-(C) Getty Images
  • クリストフ・ヴァルツ
クリストフ・ヴァルツとレベッカ・ホールが、人気シリーズ第5弾『Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales』(原題)に出演するかもしれない。「Mail Online」が報じたところによると、ジョニー・デップが主人公のジャック・スパロウを続投する本作で、クリストフはメインの悪役キャプテン・ブランド役として候補に挙がっているようだ。ブランドは、海賊の世界に引き込んでしまったために兄弟が命を落としてしまったと信じ、ジャックへの復讐に燃えるキャラクターだという。

他方のレベッカは、初期シリーズ作品でジェフリー・ラッシュが演じたキャプテン・バルボーサの美しい娘でジャックを魅了するカリーナ・スミス役として白羽の矢が立てられている。カリーナは初めは魔女として非難されるものの、後に優れた占星家であり科学に精通しているとして誤解が解かれるという役どころだ。「Mail Online」が入手した脚本のメモには、「カリーナは冒険が進むうちにジャックに惹かれるようになるが、父親・バルボーサの怒りを買うことに怖気づいたジャックはカリーナに対してすげない態度を取る」と書かれている。

ヨアヒム・ローニングとエスペン・サンドベリがメガホンを取る本作は、当初予定されていた2015年7月10日(現地時間)から2016年に公開日が延期されたと発表があったばかりだ。プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーは以前、予算の関係や脚本の進捗状況が原因となっての遅延だと話していた。「みんなが気に入っているアウトラインはできてるんだけど、肝心の脚本がまだ未完成なんだ。製作には、全員が合意する脚本と予算が必要だからね」。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top