嵐・櫻井翔、日テレのソチ五輪番組スペシャルキャスターに!現地でモーグルやフィギュアなど取材

最新ニュース


 日本テレビ系のソチ五輪番組のスペシャルキャスターに、人気アイドルグループ・嵐の櫻井翔が就任することがわかった。4大会連続、4度目の五輪キャスターに挑戦する櫻井は、今回のオファーに「嬉しかったですね。北京(大会)で初めてオリンピックを見させて頂いてから、その現場で見ることができる喜び、世界の中心に2週間くらいの間いるような感覚が強かったので。オリンピックがある毎に、現場に行きたいなと常に思っていました。もちろん、解説やカメラの寄り引きなどで、テレビを通して伝わることも多いのですが、生でないと分からない熱気とか温度感や雰囲気もあるので、現場で見ることができる喜びというのは、大きいですね」と喜んだ。

 櫻井は「上村愛子選手と浅田真央選手ですね。夏のロンドン五輪でもそうでしたけど、前大会から取材させて頂いているということは財産だと思いますので。彼女たちの表情とかこのソチ五輪にかける思いなども伝えていければと思っています」と、今大会の注目選手を挙げた。ソチ五輪大会の期間中、櫻井は前半と後半の2回に分け、大会開催地のソチを訪れる。前半部分は、バンクーバー、ロンドン、そして今回のソチで3回目となる開会式と、女子モーグルの上村選手や伊藤みき選手の取材を予定。大会後半は、フィギュアスケート女子ショートの中継を現地から届ける。

 五輪キャスターとして様々な経験を積んできた櫻井。印象に残っているエピソードにについては、「バンクーバー大会での女子モーグルの上村選手の取材は印象的です。本当に寒かったんですけど、これが冬季大会なんだと。そして、天気に左右される、これだけ過酷な中で選手はやっていて、4年に一回その力を出さないといけないということを、目で見て、肌で感じて、まさに体感することができたので。今大会も現地でモーグルを見ることができるので、楽しみです」とコメントした。

 いよいよ、2014年2月7日のソチ五輪開幕が間近まで迫ってきた。櫻井は「まずはオリンピックという大会を盛り上げて、沢山の方にオリンピックを見て頂きたいなと、そのお手伝いを自分が出来ればと思います。そして、選手の思いや現場の空気感などをテレビでオリンピックを見ていてくださる方々に届くように伝えていきたいと思います」と、意気込みを語った。

 日本テレビの紀内良彦プロデューサーは「櫻井さんに初めて五輪キャスターを務めていただいたのは北京五輪。ともに取材させていただき、金メダル直後のウサイン・ボルトの取材で、世界中の記者に櫻井さんがもみくちゃにされながらもマイクを向けたミックスゾーンが印象的でした。バンクーバー五輪では、雨と雪が降る最悪のコンディションの中、ずぶぬれになりながら必死に女子モーグルをレポート。ロンドン五輪では重量挙げ三宅選手の銀メダルを取材。北京での悔し涙と4年後の笑顔を両方取材していた櫻井さんだからこそ、アスリートにとっての歳月の重みを伝えていただけたと思っております。櫻井さんの選手に対するリスペクト、飽くなき好奇心に感銘を受け、また五輪取材をご一緒させていただきたいという思いにつながりました。自分の言葉で語り、自らの足で取材するその“ジャーナリスト魂”で今回もロシアの地からレポートしていただきたいと思っております」と期待を寄せた。


■日本テレビ系ソチ五輪番組ラインナップ

2月 6日(木)ソチ五輪開幕特番/フリースタイルスキー・女子モーグル予選
2月 8日(土)開会式(録画放送)
2月 9日(日)スキージャンプ・男子個人ノーマルヒル決勝
2月10日(月)スピードスケート男子500m
2月12日(水)スピードスケート男子1000m
2月18日(火)ボブスレー女子1日目
2月19日(水)フィギュアスケート・女子ショート


関連リンク

過去大会の日本人選手の活躍をハイライト!ソチオリンピック公式競技動画サイト「gorin.jp」
大会前&大会中の関連情報満載!「gorin.jp」公式Facebook
「gorin.jp」公式Twitter
《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top