ビートたけし、安倍総理に東京五輪式典の演出を直訴!日テレ年末SP『成功の遺伝史』で共演

最新ニュース


12月30日(月)18時30分から日本テレビ系で放送される、ビートたけしと上田晋也(くりぃむしちゅー)がMCを務める『世界に誇る50人の日本人 成功の遺伝史』に、安倍晋三内閣総理大臣がゲスト出演することがわかった。その場で、たけしから安倍総理へ、東京五輪の開・閉会式の演出について猛烈アピールが!?

番組では、様々な分野で頂点を極めた成功者をVTRで紹介。スタジオにもスペシャルゲストを招き、その人が成功するまでに大きな影響を受けた人やもの=成功の遺伝史に迫っていく。スペシャルゲストの1人として登場した安倍総理は、2020年のオリンピックが東京に決定したことに話が及ぶと「ロゲ会長が発表されるときは、東京に来るのではと予感はありました。そうであっても他の都市の名前が出るのではないかと相当ドキドキしていましたね。最近あんなにドキドキしたことはない」と、発表の瞬間の気持ちを語った。そんな中、上田が「東京オリンピックの開会式・閉会式の演出はたけしさんがいいんじゃないかと思うんですが、総理どうですかね?」といきなり質問。「才能がある方で」とまんざらでもない様子(?)の安倍総理に、たけしは「北京五輪もロンドン五輪も映画監督(が演出した)、日本も映画監督じゃなくてどうするんだと声を強くして言いたい!」と、東京五輪の開・閉会式の演出に名乗りをあげ、総理に直訴する格好となった。

加えて、たけしは「(メインスタジアムに予定されている)国立競技場を、演出家の意見を聞いて建て直してくれませんか? できてしまったら演出家がこれやりたいといってもできないことがある。建築家だけでなく、演出家も(建設する際の)ひとつのパッケージで考えてくれないかと。俺だったら地下を掘って、地下から選手をあげるとか、俺はやろうと勝手に言ってる」と、具体的な演出プランにも言及。安倍総理は「いいアイデアですね」と認めたが、果たして実際に東京五輪の演出をたけしが担当することになるのか!? 今回たけしが安倍総理に直接アピールをしたことを受け、今後ますます注目が集まりそうだ。

アジア文化交流懇談会のメンバーであるたけしは安倍総理との縁も深いが、MC席に並んで座ると「隣はあがる」と、少し緊張の様子。たけしが「総理との関係は長い。野党になられたときには(自分の)番組にたくさん協力していただいた」と言うと、総理も「野党時代は時間があったから」と応じた。そんな安倍総理は、「HANA-BI」や「アウトレイジ」など、たけしの映画をよく観ており、他にも「仁義なき戦い」のような任侠ものが好きだという。そして安倍総理が挙げた「成功の遺伝史」も一本の映画だった。それは幼いころの総理自身の経験を思い起こさせる「ALWAYS 3丁目の夕日」。昭和33年当時の夢と希望を持って生きる人々を描いていることをこの映画を引き合いに、日本人が再び同じような気持ちを持てる世の中にすることが政治家としてのテーマだと熱く語った。

また番組では、安倍総理が「成功の遺伝史」とタイトルコールをしたり、「VTRどうぞ」と人生初のVTRふりを行う場面もあり、スタジオを大いに沸かせた。他にも、出演者の鈴木奈々の「アッキー(安倍昭恵夫人)との夫婦円満の秘訣は?」、劇団ひとりの「好きなスイーツは?」といったざっくばらんな質問にも笑顔で答え、リフレッシュのために家では日本や海外のTVシリーズを見ているという飾らない素顔ものぞかせていた。今回は安倍総理の他に、スペシャルゲストとして星野仙一、荒川静香、北島康介らも登場する。

■『世界に誇る50人の日本人 成功の遺伝史』
2013年12月30日(月)18:30~22:54(日本テレビ系)


関連リンク

■ソチオリンピック公式競技動画サイト「gorin.jp」
■「gorin.jo」公式Facebook
《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top