瀬戸康史、栗原類との“死闘”を告白 「お腹を蹴られるシーンで股間を蹴られた」

最新ニュース

瀬戸康史&北乃きい/『僕は友達が少ない』初日舞台挨拶
  • 瀬戸康史&北乃きい/『僕は友達が少ない』初日舞台挨拶
  • 瀬戸康史&北乃きい&大谷澪&高月彩良&久保田紗友&山田萌々香&及川拓郎(監督)&ケラケラ(主題歌担当)/『僕は友達が少ない』初日舞台挨拶
  • 瀬戸康史&北乃きい&大谷澪&久保田紗友/『僕は友達が少ない』初日舞台挨拶
  • 瀬戸康史&北乃きい/『僕は友達が少ない』初日舞台挨拶
  • 瀬戸康史&北乃きい&大谷澪/『僕は友達が少ない』初日舞台挨拶
  • 瀬戸康史&北乃きい&大谷澪/『僕は友達が少ない』初日舞台挨拶
  • 瀬戸康史/『僕は友達が少ない』初日舞台挨拶
シリーズ累計622万部を突破した人気ライトノベルを映画化した『僕は友達が少ない』が2月1日(土)に公開を迎え、主演の瀬戸康史を始め、北乃きい、大谷澪、高月彩良、久保田紗友、山田萌々香、及川拓郎監督、主題歌を歌う「ケラケラ」が舞台挨拶に登壇した。

原作は「はがない」の略称で若者を中心に高い支持を集め、漫画化、アニメ化もされた。タイトル通り、“友達が少ない”主人公たちが、いつか友達ができたときのために「隣人部」を結成し活動していくさまを描く。

瀬戸さんが開口一番「映画はいかがでしたか?」と客席に問いかけると、万雷の拍手。瀬戸さんは満面の笑みを浮かべ「嬉しいです。実写化に対し、いろんな意見をいただきますが、拍手で初日を迎えられて本当に嬉しい。僕自身、友達が少ないです(苦笑)。(劇中の)微妙な距離感は友達が少ないからこそ出せました。僕もこの映画に背中を押してもらった」と語る。

瀬戸さん自ら見どころのひとつとして挙げたのは、栗原類との激しいバトルシーン。「類くんはしなるようなパンチを繰り出してくるので大変でした(笑)。類くんは芝居に対して真面目で、実際に首を絞められてますし、お腹を蹴られるシーンは股間を蹴られました!」と苦労を明かす。

撮影後に栗原さんから謝罪は? と問われると「特に謝られてないです。遅い時間の撮影で『もう眠たい…』みたいなこと言ってましたね」と明かし、笑いを誘っていた。

北乃さんは「去年の5月に撮影が行われ、今日まであっという間に感じました。その間、ほかの作品に入っても、心のどこかに『はがない』がありました」と本作への特別な思いを明かす。

先述の瀬戸さん然り、元々、キャスト陣も監督もプライベートで「友達が少ない」メンバーばかりが集まったそう…。「プライベートでもみんなでカラオケに行ったりした」(高月さん)とのことで、撮影期間を通じて互いの距離を縮めたようだが、しばらく会わないうちに、すっかり元の距離に戻ってしまったよう。

この日もそれぞれ微妙に、共演陣との距離を測りながらの挨拶となり、北乃さんも「今日のこの距離感、何なの?」と苦笑。子役の萌々香ちゃんは、共演陣にお手紙を渡したそうだが、もちろん(?)瀬戸さんは受け取っておらず、図らずもリアル「友達が少ない」を裏付けた。

だが、そんな瀬戸さんのためにこの日、女優陣はバレンタインチョコをプレゼント! 最初から「友チョコ」という言葉が強調され、瀬戸さんは「社交辞令感がハンパない!」とこぼしつつもやはり嬉しそう。最後に、北乃さんから巨大ハート形チョコを受け取る頃には「この中から選ばなきゃいけないなんて!」とすっかりモテ男きどりで会場は笑いに包まれた。

『僕は友達が少ない』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top