篠原ともえ、初の海ドラ声優に挑戦も…「こっそり美声(笑)」と自信満々

最新ニュース

篠原ともえ/「MAJOR CRIMES~重大犯罪課<ファースト・シーズン>」-(C) 2013 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
  • 篠原ともえ/「MAJOR CRIMES~重大犯罪課<ファースト・シーズン>」-(C) 2013 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
  • 篠原ともえ/「MAJOR CRIMES~重大犯罪課<ファースト・シーズン>」
  • 「MAJOR CRIMES~重大犯罪課<ファースト・シーズン>」-(C) 2013 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
人気TVシリーズ「クローザー」のスタッフ・キャストが再集結したクライム・サスペンスドラマ「MAJOR CRIMES~重大犯罪課<ファースト・シーズン>」が4月2日(水)よりDVD リリースされることが決定。これに併せて、日本語吹き替え声優として篠原ともえが参加することが明らかとなった。

7年の歴史に幕を閉じた人気作「クローザー」のスピンオフ作品となる本作。ロス市警の重大犯罪課(Major Crimes Division)で元チーフ・ブレンダ(「クローザー」の主人公)に代わりチームの指揮を執ることになった主人公・レイダー警部を新たな主人公となる。

“司法取引による犯人逮捕の効率化”という課の新たな方針の元に配属されたレイダーが、叩き上げのベテラン捜査官たちの反発に苦戦しながらも、巧みな手腕で事件を解決に導いていく姿がテンポよく描かれる。

そんな話題作で篠原さんが演じるのは、第8話に登場する、母親を殺害された事件の目撃者という、ストーリーの中心となっていく重要な役どころ。母親を殺された悲しみや怒りを内に秘めながらも、目撃者として事件解決に協力をする美しき少女の、複雑な心情や強い心を熱演している。

実は、日本のアニメーション以外で吹替えを担当するのは初めてという、篠原さん。最近は音楽やデザイナーとして活躍する傍ら、舞台を中心に演技にも磨きをかけてきた経験を活かし、本作で自身初となるハリウッド作品デビューを果たすこととなる。

今回の抜擢を受け、篠原さんは「わくわくテンション上がりっぱなしの体験でした。役者さんの吐息を丁寧に合わせてゆく収録が特に楽しかったですね。実はしのはら、こっそりと美声なので(笑)、初めて聞いた方はしのはらの声だと分からないかもしれません(笑)。篠原ともえの意外な一面をお声でご堪能いただけたらと思います」と相当の自信を覗かせるが、その実力や如何に?

「MAJOR CRIMES~重大犯罪課<ファースト・シーズン>」DVDは4月2日(水)より発売。



(C) 2013 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top