ウーマン村本、ベッキーとの“密会”報道への質問にまともに答えず!

海外ドラマ

ウーマンラッシュアワー(村本大輔&中川パラダイス)/「MAJOR CRIMES ~重大犯罪課」日本語吹き替え版公開アフレコ
  • ウーマンラッシュアワー(村本大輔&中川パラダイス)/「MAJOR CRIMES ~重大犯罪課」日本語吹き替え版公開アフレコ
  • ウーマンラッシュアワー(村本大輔&中川パラダイス)/「MAJOR CRIMES ~重大犯罪課」日本語吹き替え版公開アフレコ
  • ウーマンラッシュアワー(村本大輔&中川パラダイス)/「MAJOR CRIMES ~重大犯罪課」日本語吹き替え版公開アフレコ
  • ウーマンラッシュアワー(村本大輔&中川パラダイス)/「MAJOR CRIMES ~重大犯罪課」日本語吹き替え版公開アフレコ
  • ウーマンラッシュアワー(村本大輔&中川パラダイス)/「MAJOR CRIMES ~重大犯罪課」日本語吹き替え版公開アフレコ
「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔と中川パラダイスが海外ドラマ「MAJOR CRIMES ~重大犯罪課」の日本語吹き替え版に声優として出演。11月6日(木)に収録が行われ、タレントのベッキーとの熱愛報道のあった村本さんに話を聞くべく多くの報道陣が詰めかけたが…。

人気海外ドラマ「クローザー」のスピンオフ作品として製作され、本家と並ぶ人気を誇るシリーズとなった人気作品のセカンドシーズン。日本でも法整備が論じられる“司法取引”をテーマにレイダー警部率いる重大犯罪課の活躍を描く。

2人は第16話のゲスト声優として出演。家に運んできたラグマットの中から死体が見つかったことで容疑者とされてしまう2人の若者の声を担当している。

村本さんは「『THE MANZAI』を獲って1年足らずでハリウッドデビューです」と誇らしげに語り「普段、漫才でTVに出てますがアフレコは全然違う世界。でもいざやってみたら結構ハマりました」と自信満々に語る。

中川さんは「先生にほめてもらいました。『中川くんはそのままでいい』と言っていただきまして。前から声が特徴的と言われていたのでやってみたい気持ちはあった」と嬉しそう。村本さんは相方のアフレコについて「最高でした! いつも僕が作った台本通りに話してるんですが、やはり“人形”として100点満点。プログラム通りに与えられた仕事をこなせる」と毒舌まじりに高評価。「普段、『バイキング』でもなかなか話せないんですが、初めて彼の声が聞けました。こういう声してたんだ、と」と語り笑いを誘っていた。

一方、中川さんはアフレコ前日に村本さんから「電話があって『何回練習した?』と聞いてきました。僕より上手くありたい気持ちで、かなり練習してきたと思う」と“ゲスキャラ”で鳴らす村本さんの影の努力を明かすが、村本さんは「僕は行き当たりばったりで役作りもしてないし、ぶっつけ本番です」とうそぶく。さらに「2年とコンビは持たないと思うので、そうなったとき声優の仕事があれば食える。彼(=中川さん)も家族がいるので」とひねくれた口調で声優の仕事への意欲を口にしていた。

イベント後の報道陣との質疑応答では、先日、写真週刊誌で報じられた、タレントのベッキーとの密会について質問が集中。ベッキーさんが高級キャリーバッグを購入し、それを後から村本さんが受け取ったと報じられているが、普段「ファンの女の子に手を出している」などと平然と語り“ゲスキャラ”でおしている村本さんもリアルな熱愛報道への追及にはしどろもどろ。

報道陣の質問に「バッグ? 何の話ですか? 誰のことですか?」などとわざとらしくとぼけ、「あぁ、あの話ですね。分かりました! 全て話します。別途、僕が場所を設けます」とその場での説明をかたくなに拒否し「12月25日に明治座でライブをやるのでそこで…」と自身のライヴを巧みに宣伝。

さらに「『MAJOR CRIMES』に失礼ですよ! 『MAJOR CRIMES』を利用するなんてみなさん、最低ですよ」と必死に抵抗する。各局のレポーターも食い下がり、「何で言えないんですか?」と追及するが、村本さんは「(報道陣は)他人だからですよ(笑)!」と“正論”で反論し、ここでタイムアップ。結局、ほとんど質問にまともに答えることなく会場を後にした。

「MAJOR CRIMES ~重大犯罪課」セカンドシーズンDVDは11月19日(水)リリース。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top