故フィリップ・シーモア・ホフマン、ドラッグ依存を綴った日記が発見される

最新ニュース

フィリップ・シーモア・ホフマン-(C) Getty Images
  • フィリップ・シーモア・ホフマン-(C) Getty Images
  • フィリップ・シーモア・ホフマン-(C) Getty Images
  • フィリップ・シーモア・ホフマン-(C) Getty Images
  • フィリップ・シーモア・ホフマン-(C) Getty Images
2日(現地時間)にニューヨークの自宅アパートで急死したフィリップ・シーモア・ホフマンが、ドラッグ依存との闘いを綴った日記が発見された。

アメリカのNBCニュースに関係者が明かしたもので、警察がフィリップのアパートから日記帳2冊を発見したという。ヘロイン中毒のリハビリの一環として日記を書き始めていたようだ。内なる悪魔との闘いがしたためられていたが、意味不明な箇所も少なくないという。

フィリップは22歳からドラッグ使用をやめていたが、2012年に処方箋薬依存から再びヘロインに手を出し、昨年5月には10日間リハビリ施設に入所していた。その後も薬物依存者の自助組織「ナルコティック アノニマス」のミーティングにも参加し、クリーンになりたいという願望を日記に綴っていたという。

だが、腕に注射器の針が刺さったまま、46歳で亡くなったフィリップの自宅にはヘロインが入った小袋が大量に残されていた。

『カポーティ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞し、ほかにも数多くの作品で名演を披露してきたフィリップ。彼の死を悼み、7日(現地時間)にマンハッタンのカトリック教会で行われた葬儀にはメリル・ストリープやケイト・ブランシェットをはじめ、400人が参列した。
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top