亀梨和也が栃木県で“キャンプ入り”? 妻夫木聡らと野球映画に出演決定

最新ニュース

妻夫木聡&バンクーバー朝日軍/『バンクーバーの朝日』
  • 妻夫木聡&バンクーバー朝日軍/『バンクーバーの朝日』
  • 上地雄輔/『バンクーバーの朝日』
  • 妻夫木聡/『バンクーバーの朝日』
  • 勝地涼/『バンクーバーの朝日』
  • 池松壮亮/『バンクーバーの朝日』
  • 佐藤浩市/『バンクーバーの朝日』
  • 『バンクーバーの朝日』オープンセット・イメージ写真
  • 『バンクーバーの朝日』オープンセット・イメージ写真
松田龍平・主演の映画『舟を編む』などで知られる監督・石井裕也が、妻夫木聡や亀梨和也をメインキャストに迎え、戦前のカナダに実在した日系人野球チーム「バンクーバー朝日軍」をテーマに映画『バンクーバーの朝日』を製作することが明らかとなった。このほど、キャスト陣のコメントと広大な敷地で行われるオープンセットのイメージ写真が到着した。

2003年、カナダのトロントにおいて、ある野球チームが最高の名誉であるカナダ野球殿堂入りをした。そのチームの名は「バンクーバー朝日軍」。差別や貧困と戦いながら、日系人に誇りと勇気を与え、フェアプレーの精神で戦い抜き、白人社会から賞賛と人気を勝ち得た彼らの奮闘を描き出す。

妻夫木さんが演じるのは、製材所で肉体労働に就く日系二世で、朝日軍でショートを守る本作の主人公・レジー笠原。「日系人として生まれて、差別や排斥運動など厳しい境遇の中で生きた彼らの誇りを胸に、“演じる”ということをいい意味で忘れて、この世界で僕自身も這いつくばって生きていけたらと考えています」と意気込みを語る。

さらにバンクーバー朝日軍のチームメンバーには、豪華なキャストがずらり。日系二世で漁業に従事するチームのエースピッチャー・ロイ永西役には、スポーツニュースのキャスターを務め、ピッチャーとして数々のプロ野球選手と対戦した経験を持つ亀梨和也(KAT-TUN)。

「実際にあった歴史の実写化。この作品に参加できることを誇りに思います。と同時にいい緊張感の中で、撮影を間近に控えています」と語る亀梨さんは、「野球のお話ということで僕自身、野球の経験はありますが、その時代の方たちの野球のスタイルというものを一から学び、考え、日本人としてこの歴史をしっかりと胸に刻み、撮影に挑みたいと思います。妻夫木さんを始め、共演者の方達と最高の、そして最強の“チーム朝日”を作っていきたいと思います」とこちらもやる気十分といった様子だ。

さらに、レジーの職場の同僚でチームではセカンドを守る、ケイ北本役には、野球経験者でもある勝地涼。実家の豆腐屋で働くキャッチャーのトム三宅役には、高校時代に強豪校で野球実績のある上地雄輔。

ホテルのベルボーイとして働くサードのフランク野島役に、高校野球で経験を積んだ池松壮亮。そして、移民一世でありレジー笠原の父親・笠原清二役には佐藤浩市と、野球もできるスポーツマンな俳優たちが名を連ねている。

何故、野球経験者ばかりが集められたのか? その答えは、もちろん俳優たちに“吹替えなし”で野球シーンを演じてほしいという、石井監督たっての希望があったそうだ。撮影前にはチーム合宿を実施するなど、クランクイン前からチーム作りを開始。また本作では、栃木県足利市に広大なオープンセットを組んで当時の野球場や日本人街、白人街を再現する予定で、2月18日(火)にはすでに“キャンプイン”ならぬクランクインを迎えているとのこと。

伝説の“サムライ野球”をこの豪華キャストでどう描くのか、期待感が高まる。

『バンクーバーの朝日』は、4月20日(日)にクランクアップ、8月に完成、12月の公開を予定している。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top