【第86回アカデミー賞】「歌曲賞」はディズニー・ミュージカル『アナと雪の女王』

最新ニュース

『アナと雪の女王』-(C) 2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『アナと雪の女王』-(C) 2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『アナと雪の女王』-(C) 2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『アナと雪の女王』-(c) 2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『アナと雪の女王』-(c) 2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『アナと雪の女王』-(c) 2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 妹・アナ(左)と姉・エルサ(右)/『アナと雪の女王』- (c) 2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • “夏に憧れる雪だるま”のオラフ/『アナと雪の女王』 -(c) 2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
3月3日(日本時間)、世界最大の映画の祭典「第86回アカデミー賞」が開催。「歌曲賞」は、「長編アニメーション賞」も受賞した、ディズニーの最新作にしてミュージカル作品『アナと雪の女王』の「Let It Go」に輝いた。

ディズニー史上初のWヒロインで描かれる本作。触れるもの全てを凍てつかせる“秘密の力”を持つ姉・エルサはその力を制御できず、真夏の王国を凍てつく冬の世界に変えてしまい、国を去ることに。妹のアナは、逃亡した姉と王国を救うため、山男のクリストフとその相棒・トナカイのスヴェン、“夏に憧れる雪だるま”のオラフと共に雪山の奥深くへと旅に出るのだが…。

今回受賞となった本作の主題歌「Let It Go」は、ブロードウェイの音楽を数多く手がけてきたクリステン・アンダーソン=ロペスとロバート・ロペスの夫婦が手がけたもの。先日の取材を行った際には、「ありのままの自分でいることの大切さ」を込めたと語っていたロペス夫妻。

そんな彼らの思いが込められた本楽曲は、英語版ではブロードウェイ女優のイディナ・メンゼルが、日本語版では“雪の女王”エルサ役で出演する松たか子が美しい歌声で唄いあげている。

さらにUS版のディズニーYoutubeアカウントでは1月末までに650万回を超える再生回数を記録し、世界中ではこの「Let It Go」に魅了された人々が自分なりに歌い上げた同楽曲をYoutubeに続々とアップするなど社会現象を巻き起こしている楽曲でもある。

この発表前には、パフォーマンスとして同曲をイディナ・メンゼルがフルコーラスで歌い上げ、喝采を浴びていた。

『アナと雪の女王』は3月14日(金)より2D/3Dで同時公開。


<主題歌賞/ノミネート一覧>
「Alone Yet Not Alone」/『Alone Yet Not Alone』(原題)
「Happy」/『怪盗グルーのミニオン危機一発』
「Let It Go」/『アナと雪の女王』
「The Moon Song」/「her 世界でひとつの彼女』
「Ordinary Love」/『マンデラ 自由への長い道』

特集「2014 ACADEMY AWARDS」
http://www.cinemacafe.net/feature/oscar2014/

生中継!第86回アカデミー賞授賞式
3月3日(月)午前9:00より生中継 [WOWOWプライム]
リピート放送 3月3日(月)21:00
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top