【3時のおやつ】「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」、イースターエッグが告げる春の訪れ

最新ニュース

ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブションのイースターエッグ。4月1日より販売スタート。価格は、各2,592円
  • ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブションのイースターエッグ。4月1日より販売スタート。価格は、各2,592円
  • 抹茶のイースターエッグには、抹茶のキャラメルとチョコレートが入っている。
春分後のはじめての満月の次の日曜日とされるイースター(イエス・キリストが復活したことを記念する祝祭)は、今年4月20日(日)にやってくる。毎年、この時期になるとスイーツ・ブランドの店頭を彩る可愛らしいイースターエッグは、日本でもお馴染みの光景だ。イースターエッグを見かけると春の訪れを感じることができるはずだ。

イースターエッグの卵は生命の復活の象徴であり、卵の他にもウサギは子だくさんなことから繁栄を表しているため、チョコレートなどのお菓子のモチーフによく使われる。

「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」各店では、3色のイースターエッグが登場する。卵型にかたどったホワイトチョコレートを緑、赤、黄色に色付けし、中にはそれぞれ抹茶、フランボワーズ、マンゴーの口どけなめらかなキャラメルとチョコレートが入っている。

土台はピスタチオとアーモンドのさくさくとした食感のホワイトチョコレート菓子、卵にトッピングされている可憐な白いお花も白砂糖でできている。彩り豊かな3色のイースターエッグを子どもと一緒にいただいたり、アフタヌーンティーのお共や、おもたせにしても喜ばれそうだ。ぜひ、親しい人同士で集まって一緒に春の訪れを祝いたい。

販売は4月1日(火)~30日(水)までとなるが、限定数に達し次第終了となる。事前予約可能。価格は、各2,592円。都内の「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」は恵比寿店、六本木店、丸の内店の3店舗にて取扱いとなる。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top